SIFAイベント

2017 10月

1
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
2
3
4
5
6
7
8
  • 日本語教室(広瀬)
  • 日本語教室(新狭山)
9
10
  • 日本語教室(駅前)
11
12
13
14
15
  • 日本語教室(広瀬)
16
17
  • 日本語教室(駅前)
18
  • アメリカ・ワージントン市訪問
19
20
21
22
  • 日本語教室(広瀬)
23
24
  • 日本語教室(駅前)
25
26
27
28
29
  • 日本語教室(新狭山)
30
31
  • 日本語教室(駅前)
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 16今日の訪問者数:
  • 380月別訪問者数:
  • 28620総訪問者数:
言語

統營市訪問団との交流会

11月10日に姉妹都市韓国統營市から訪問団が訪れます。

今回 訪問団の方は12日の「さやま大茶会」に出席いたします。

そして、お茶席を楽しんでいただいた後に交流会を開催致します。

どなたでも気軽にご参加ください。申し込みは不要です。

日時:11月12日(日)11:30~12:30

場所:埼玉県営狭山稲荷山公園内「さやま大茶会」の近く

(狭山市国際交流協会と書かれたのぼりが目印です)

内容:訪問団の方たちを囲んでおしゃべりをしましょう。

雨天の場合:狭山市立中央公民館 調理室

問合せ 狭山市国際交流協会 事務局 04-2952-4584(月・火・木・金)9:00~16:00

山王小学校で国際理解教育支援授業を実施

青空の広がる10月10日(火)外国人4名スタッフ4名で山王小学校へ行き、

国際理解教育支援授業を行いました。

視聴覚室には5年生2クラス68名の児童達が、先生から事前に渡されたプリントを持って

集まりいよいよ授業の開始です。

そのプリントは「世界を知ろう」のタイトルに国別にメモするようになっていました。

黒澤さんの中国の話を熱心に聞く生徒たち

まず中国の黒澤さん。中国の面積や人口・あいさつ・歴史などの話など。中国の学校の勉強は日本よりが難しいとの事。実際の算数と国語のテストを皆に回してみてもらう。

「加油」は中国語で応援という意味だそうで、予想外の回答にみんなびっくり。

伊藤さんのコーヒーセレモニー

次はエチオピアの伊藤さん。たくさんの民族がすんでいるので、80以上の言語がある。

主食はクレープのようなもので、牛の生肉も一般的に食べられているとの事。「大丈夫なの?」と生徒から心配する声。「大丈夫よ」と伊藤さん。

コーヒーという言葉はエチオピアから始まったそうで、コーヒーセレモニーを披露し実際にコーヒー豆を皆に試食してもらう。「あまり苦くない」と一粒をかんで味わっていた。

また蜘蛛の糸で作られたスカーフには歓声が上がる。

ここでお休み時間。いろいろな民族衣装を生徒たちが着てとても賑やか。

斎藤さんの質問に元気よく挙手

3番目はタイの斎藤さん。少し言葉に不安があるので、スタッフの鈴木さんがクイズを作ってお手伝い。3択で挙手してもらって盛り上がる。例えば学校にあるお店は何でしょうか?①ラーメン屋②アイスクリーム屋③お菓子屋 答えは全部でみんなびっくり。給食がないので、学校にお店があって何でも買え、しかも外のお店に比べて安いそうです。

日本の学校では考えられないので、みんな驚いてしまう。

岡村さん 「着るとすごく暑い」との説明のパイナッフルから作ったドレス

最後はフィリピンの岡村さん。7641の島国と聞いてみんなびっくり。またスペイン・アメリカ・日本などの国が統治したため、純粋のフィリピン人はいないとの事。岡村さん自身も中国とスペインの血が入っているそうです。一番みんながうらやましがったのは、夏休みが2か月半で宿題なしの話でした。

熱心にメモを取りながら、一生懸命聞いてくれた児童たち。

あっという間に授業終了でした。

日本語教室の予定が更新されました(10/22新狭山教室休講)

日本語教室の予定が更新されました。

新狭山教室:
10/22 休講

広瀬教室:
変更なし

火曜教室(中央公民館):
変更なし

<http://sifa.information.jp/?p=6411>

国際理解教育支援授業:狭山市立水富小学校で実施(9月19日)

 去る9月19日(火)、日本語学習部会スタッフと外国人学習者4名が参加して、狭山市立水富小学校の5年生2クラスを対象として「国際理解教育支援授業」を実施しました。

5年生2クラスの合同授業開始


外国人講師としてフィリピンの岡村理亜鈴さん、タイの荻原タナリンさんと斉藤プリアポーンさん、中国の 黒澤娣 さんが、それぞれの出身国の紹介をしてくれました。
「日本の小学校にあるもので、フィリピンの小学校にないものが、三つあります。何でしょう?」
という質問に始まり、生徒さんたちとやりとりしながら、分かり易く岡村さんはフィリピンのことを紹介してくれました。

フィリピン民族衣装を説明する岡村理亜鈴さん


二番手の荻原さんと斉藤さんは、タイのあいさつの仕方が男女で違うこと、タイの民族舞踊を生徒のみなさんを招いて 一緒に踊りました。男子生徒には男性の、女子生徒には女性の民族衣装を着せてみんな楽しく踊っていました。

タイの民族衣装を着て一緒に踊る生徒さん

 

 最後に登場の黒澤さんは、中国の5年生の教科書を見せたり、漢字の意味が全く違う熟語を紹介したり(例えば「手紙」=「トイレットペーパー」)で、中国のありのままの姿を紹介してくれました。

同じ漢字でも意味が全く違うの?


総勢70名前後の生徒さんは、皆熱心にメモをとり、その用紙が3・4枚と増えていきました。
授業の最後に、生徒さんから質問がいくつかありました。「日本語は難しいですか?」
「どのようにして日本語を勉強しましたか?」 「日本の小学校と外国の小学校の違いはどんなところ?」

みんな熱心に最後まで聞いてくれました。


それらに答える講師のみなさんは、堂々と率直にそれぞれに自分の意見を述べていました。
 日々の努力で 得たことばの重みも伝わり、生徒さん、先生方、スタッフ全員が大いに感動的な支援授業になったと思います。  ご協力いただいたみなさま本当にお疲れさまでした。

日本語学習部会 千葉洋子 記

統營市訪問団の歓迎会を開きます(SIFA会員限定)

11月10日に来市される訪問団の歓迎会をホストファミリーの方たちと

行います。この機会に統營市の方々と交流をしてみませんか。

日時:11月10日(金)17:00開始予定

場所:レストランあさくま

会費:3500円

申込受付:10月16日(月)~10月31日(火)

狭山市国際交流協会事務局までご連絡ください。

【今年も七夕まつりにテントを出展しました!】

恒例の入間川七夕まつりが8月5日(土)、6日(日)の2日間にわたり開催されました。

わたしたちSIFAも粕谷会長を中心にテント実行委員会を立ち上げ、テントを出展しました。

 

今年は、例年とひと味違ったテント作りを目指し、いろいろな趣向を凝らしました。

今年が初めての「ワンポイント英会話」、「外国人による自国の紹介」、「二胡の生演奏」、は好評でした。

 

民族衣装でフィリピンの紹介をする 岡村さん

2回の「ワンポイント英会話」には、順番を待つ人が列をなし、英語でジャンケン、手品遊び、英語での短冊書きなど講師の巧みなリードで歓声が上がることも度々ありました。

「外国人による自国の紹介」の1日目の最初はきらびやかな衣装をまとった優雅なタイ民族舞踊。フィリピンの民族衣装と大統領が変わるたびに新しく貨幣が出来るなど説明は興味深いものでした。そして、エチオピアのコーヒーセレモニーには、足を止めて見入る多くの人たち。

1日目の最後のイベント「二胡の演奏」は、日中の10の歌曲を奏で、太極拳の演舞とともに二胡の音色は、懐かしいひとときをもたらしてくれました。高さんご夫妻に感謝です。

エチオペアコーヒーをどうぞ 伊藤さん

2日目は「フィリピン」ってどんな国?をテーマに説明。そして、ネパール人の方が民族衣装を着て、冷たい「ラッシー」(インドの飲料)の無料提供は、あっという間に用意した50杯が完了!

 

こころよく、依頼に応じて参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

太極拳と二胡演奏 高さんご夫婦

 

 

 

この他に、民族衣装の展示、毎年恒例の「部会活動紹介」、姉妹都市ワージントン市・杭州日本人学校・日本語教室からの「短冊の笹飾り」、姉妹友好交流都市よりの贈呈品展示など。

2日間で200名近くの方が遊びに来てくれました。

 

ご協力いただいた全ての方に「ありがとうございました!」

 

テント実行員会一同

2017年入間川七夕まつり阿波踊り 取材記

8月6日(日)午後2時中央公民館第一ホールはSIFAのはっぴや浴衣を着た阿波踊り参加者の熱気にあふれていました。それもそのはず総勢80人が阿波踊り練習の真っ最中でした。

そのうち外国人参加者はブラジル2人、ベトナム11人、フィリピン3人、タイ5人、中国4人、ホンジュラス1人、アメリカ1人、エチオピア1人合計28人です。

ふれあい部会奥田さんのマイクによる熱の入った指導の下、国別に一列になりうちわの国旗を持って、フォーメーションを確認しながら何度も練習を繰り返していました。毎年お世話になっている兎乃月連の皆さんの心躍るお囃子とスカッとする阿波踊りも加わり徐々に仕上がり後は本番を待つばかりの様でした。 もっと読む »

平成29年度高校進学ガイダンスが開催されました。

「あなたに、一番あったいい高校生活が送れるように!」という願いのための「外国につながる子どもの高校進学ガイダンス」が、去る7月29日(土)13:30~16:00、所沢市立新所沢公民館で開かれた。(主催:2017年高校進学ガイダンス実行委員会)
狭山・所沢・入間・三芳町在住の中学生とその保護者13組22名(中国・フィリピン・ペルー等6か国)が参加し、8名の中学・高校の先生、多数のボランティア(通訳を含む)等計60余名が一堂に会した。

最初は3人の卒業生の体験発表。現在、県内私立大学2年のAさん。このガイダンスに参加したことをきっかけに進んだ高校で『めちゃくちゃいい先生』に出会ったという。元々宿題をきちんとやっていた彼女は、その先生の指導のもとずいぶん勉強したそうである。次に、中学や高校の先生からは進学する高校をどのようにして決めるか?高校では何を学ぶか?等の詳しい説明があり、さらに先生や卒業生に個別に質問・相談する時間もあった。ある保護者の「今日来て、いろいろなことがよく分かった」という切実な感想は主催者側への励みとなりそうである。

日本語学習部会 齋藤あや子 記

ニュースレター7月号を掲載しました

ニュースレター7月号を掲載しました。

<http://sifa.information.jp/?page_id=51>

韓国料理を開きました

「韓国料理を作りながら 文化について学ぶ」というタイトルで

講師 土田丹智子先生をお迎えして7月16日(日)料理教室を開催しました。

今回は小学生2人、高校生、大学生 そしてベトナムからの研修生

(SIFA会員宅にホームスティ中)が加わり、

とても和やか かつ 元気あふれる調理の時間でした。 もっと読む »

ホームページのスマホ版ページを改善しました

ホームページのスマホ版ページを改善しました。
スマホで下記アドレスにアクセスすると表示されます。

sifa.information.jp

ご活用ください。

盛り上がった梅雨の合間のあじさい祭り

2017年6月18日(日)、新狭山駅近くの中原公園(通称:あじさい公園)で「第25回あじさい祭り並びに第28回国際交流の集い」が開催されました。

地元の「あじさいサポート隊」が日頃手入れをしているというだけに、色も形もさまざまな見事なあじさいです。それを愛でながらのお祭り――会場が狭く感じられるほどの人、人、人でした。 もっと読む »

Japanese class (from 2017.April to 2018.March)

日本語を勉強しませんか? Jump to English

いよいよ6月11日から改築した新狭山公民館で教室を開きます。(富士見集会所での日本語教室はなくなります。)
SIFAではボランティアによる日本語教室を開いています。
2017年度は火曜日に中央公民館(狭山市民交流センター内)、日曜日に新狭山公民館と広瀬公民館と、3ヶ所で開催します。
もっと読む »

第11回SIFA国際交流の集い

2017年3月5日(日曜日)11時から14時、今年も狭山台元気プラザで開催

メニュー表  クリックして大きな画面でご覧ください

3月初めとしては、とても暖かく、素晴らしい晴天に恵まれ、

この日まで準備に追われていたSIFAふれあい部会のメンバーは、まずはほっとしました。

今年も、日本(お餅)を含む12ヶ国からの参加者が、それぞれの国の自慢料理(写真のメニュー参照)を作って下さり、その他、前日からの準備を含め、会場準備、展示、料理のサポート、後片付けなどに大勢の方々がお手伝いくださり、特に当日は朝早くからお餅つきの臼の移動、椅子机の移動など心強いありがたいサポートをいただき予定時刻には、すっかり準備完了しました。 もっと読む »

「陳式小架太極拳と扇の演武」の会 開催報告

圧巻の陳先生の演武

2017年2月26日(日)陳開墟先生と生徒さんによる陳式小架太極拳と扇の演武を、狭山市中央公民館第1ホールにて開催しました。

杭州市交流部会の中国を知る会の一環として太極拳の演武会は初めての試みでした。

当日参加もOKだったため、何人集まるか心配しながらの開催でしたが、なんと!来場者61人という大盛況で一安心しました。

恵みの会の皆様

陳式小架太極拳を学んでいるセゾン会の皆さんの基礎の演武から始まり、

華やかな扇の演武を披露してくれた恵み会の皆さんは、

二人で舞ったり、二つの扇を使ったり、途中で衣装を早着替えしたりと楽しませてくれました。

もっと読む »

第20回 にほんご発表会 

2017年1月29日(日)狭山市立中央公民館で副題「にほんごで話す私の想い」が

開催されました。日本語教室に通う受講生にとって一年に一度の晴れ舞台です。

外国人発表者16名とスタッフ、観客の皆様計73名で第1ホールが一杯になりました。

満席の会場の様子

満席の会場の様子

粕谷会長のあいさつの後スピーチが始まり、

発表者の皆さんの熱い思いが会場を包みこみ、あっという間に予定時間となりました。 もっと読む »

日本語教室スタッフ研修会開かれる

1月21日、中央公民館で日本語学習部会のスタッフ研修会が開かれた(17名参加)。講師は日本語学習部会と関わりが長い松尾恭子氏(北部日本語学習支援連絡会副代表)である。

講師の松尾先生

講師の松尾先生

熱心に講義に耳を傾けるスタッフ

熱心に講義に耳を傾けるスタッフ

もっと読む »

The Audience’s comments 2016年11/26「変化するイギリス」感想(英語)

The Audience’s comments  参加者の感想(英語) 2016年 11/26日開催

「変化するイギリス」“How is Britain changing?” ( The 26th of November, 2016)

The Seminar:  “Let’s learn about the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland”

Speaker: Mr. Simon Clay, Professor of Kaetsu University

Commentator: Mr. Alexander Ogilvie もっと読む »

平成29年 (2017年) 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。旧年中は狭山市国際交流協会へのご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
今年も各都市交流事業 • 日本語学習事業 • そして、会員及び外国の方々との交流を主とした、ふれあい事業を3つの柱として各種事業を進めてまいります。皆さまの変わらぬご理解、ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
酉年ということもあり、狭山市の国際文化交流及びに異文化共生活動の一翼を担い、皆さまと共に活動の輪がさらに広がる飛躍の年となることをこころより御祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて戴きます。
狭山市国際交流協会
会長 粕谷充史

韓国料理教室を開催しました

去る12月15日に「韓国の新年祝膳」の料理教室が堀兼の農村環境改善センターで行われました。
堀兼公民館との共催で20名の参加がありました。(SIFA 11名 公民館 9名)
粕谷会長のあいさつに続いて講師の土田丹智子氏から指導をいただきました。
今回は トック、クジョルバン、センカルビ、フェ の4種類を作りました。
どのお料理もとても美味しく、和やかな雰囲気の中で、公民館から参加の方々とも交流を深めながら行うことができました。
講師の土田先生ありがとうございました。

統營市交流部会 島田 信子

IMG_2035 (800x533) IMG_2037 (800x533)

 

 

 

 

 

IMG_2031 (800x533)

出来上がった美味しそうな料理

出来上がった美味しそうな料理