SIFAイベント

2017 12月

1
2
3
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
4
5
  • 日本語教室(駅前)
6
7
8
9
10
  • SIFA国際交流の集い
  • 日本語教室(広瀬)
11
12
  • 日本語教室(駅前)
13
14
15
16
17
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
18
19
  • 日本語教室(駅前)
20
21
22
23
24
  • 日本語教室(新狭山)
25
26
27
28
29
30
31
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 9今日の訪問者数:
  • 355月別訪問者数:
  • 29823総訪問者数:
言語

国際交流の集い 写真集

SIFA国際交流の集い 開催

お天気が応援してくれたかのような小春日和の12月10日(日)国際交流の集いが開かれました。

ボードがお出迎え

メニュー表

 

今までの元気プラザから、今年は初めて公民館との共催で、新装の新狭山公民館での開催です。

新狭山公民館の副館長小林さんに、事前に今回の国際交流協会の集いについての感想をお聞きしました。

「もともと国際交流の盛んな土地でここでの開催は良いと思います。

共催という初めてのことで分からないことばかりでした。3か月間手探りでやってきました。

また地元の方にもお餅つきの協力をお願いしており、何とか成功させたいと思います」との事でした。

SIFAスタッフは前日の飾りつけ等に続き、当日は朝早くからふれあい部会の滝口さん、奥田さんはじめスタッフの皆さんは準備に大忙しです。

毎年調理室で各国の料理が作られていましたが、調理室のスペースの関係で、

当日の調理はチジミとフィリピンのマハブランカとお餅のみで、他の国の料理は業者にお任せしました。

募集人員も100名に限定し、例年に比べ規模の小さい集いになりました。

開会式市長挨拶

司会の奥田さんと、吉川さんとお父様

 

 

 

 

 

 

 

 

市長を囲んで

 

 

 

 

 

 

いよいよ10時半受付開始、11時過ぎにSIFA粕谷会長の挨拶で開会式の始まりです。

小谷野市長からも「国際交流はますます大事になっていき、新狭山公民館と国際交流協会の役割は大切」とのご挨拶。高橋自治会連合会会長、片山新狭山3丁目自治会会長など列席いただきました。

スペシャルゲストとして2016年度ミスワールド日本代表吉川ブリランカさんの参加には参列者一同びっくり。

日本人の母とインド人の父とのハーフだそうで、美しいのは言うまでもなく、気品があり、黒い装いにもかかわらずオーラをまとった素敵な方でした。彼女はインド料理を提供していただいたオルン チャンドラさんのお嬢さんでした。

小谷野市長 餅つき

吉川さん餅つき

 

11時半から公民館前の駐車場で餅つきが始まりました。この餅つきは新狭山地元の塚本さん栗原さんのご尽力により、

温かい日差しのもとで行われました。

インドネシア・インド・ベトナム・タイ・フィリピン・トルコ・アイルランド・中国・韓国・ヨルダン・ネパールなどの国から参加した人たちも、希望者が餅つきをしました。トルコからの女性は餅つきを初めて体験した感想は、「amazing」だそうです。

お子様用の杵で子供達も「重~い」と言いながら楽しそうに体験していました。

ミスワールドの吉川さんが杵を持つと、カメラを構える人が一層多くなったような気がしました。

皆で「ヨイショ」と大きな掛け声をかけながら、全員参加した餅つきでした。

食事開始時間まで皆さんはSIFAの各部会の展示を見たり思い思いに過ごしていました。

フランキーさんのピカピカセーター

参加者の一人アイルランドのフランキーさんは家族4人で参加。

彼のセーターはクリスマスツリーにキラキラの電飾が付き、とてもかわいいセーターでみんなを喜ばせてくれました。

何でも彼のお母さんがアイルランドから送ってくれたセーターだそうです。

12時。ネパールの「豆カレー」・インド「サモサ」・ヨルダン「クスクス」・韓国「チジミ」・フィリピン「マハブランカ」・日本「狭山茶入りお餅」の6種類の料理を仕切りのあるプレートに入れ、いよいよ食事開始です。

食事室は2室用意され思い思いに歓談しながら、皆さん盛り上がっていました。

感想をお聞きしました。地元の男性は「おいしいです。おなかの中で国際交流です」と、

また中国とベトナムの4人は「今日初めて会って友達になりました。お料理おいしいです」答えてくれました。

プレートの料理

 

配膳風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国とベトナムからの日本語教室受講生さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時から参加者全員ホールに集まり、フィリピン民族舞踊の始まりです。

4種類の踊りをそれぞれ衣装を変えながら、見せてくれました。

ココナッツの中身を取った固い皮を体につけ、手に持ったココナッツで打楽器のようにそれを叩きながら踊る男性の踊り、山岳民族の踊り、お祭りの踊り、聖書をもって聖書の勉強の踊りなどとてもカラフルで楽しい踊りばかりでした。

フィリピン民族ダンスの皆さん

粕谷会長 バンブーダンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にバンブーダンスが行われ、体験もできました。

少し教えてもらってから、竹に挟まれないよう皆楽しそうに踊っていました。

そして14時SIFA粕谷会長の挨拶と、奥田さんへの感謝で無事お開きとなりました。

 

広報部 小池律子記

 

 

 

 

 

 

ニュースレター11月号を掲載しました。

ニュースレター11月号を掲載しました。

<http://sifa.information.jp/?page_id=51>
234号最終稿HP

ニュースレター9月号を掲載しました。

ニュースレター9月号を掲載しました。

<http://sifa.information.jp/?page_id=51>
233号最終稿HP

11月10日(金)、統營市親善訪問団の皆さんが来市されました。

姉妹都市 韓国統營市からの訪問団8名が11月10日から11月13日(3泊4日)の予定で狭山市を訪れました。
今回の訪問団はご夫婦3組6名と父子一組2名の合計8人です。
来日初日(11月10日)は、成田空港から狭山市までバスで移動という長旅の後、そのまま歓迎会に列席していただきました。

歓迎会は「レストランあさくま」で午後5時に開始しました。
お迎えするSIFA側は、小谷野狭山市長他市職員の皆様、そしてSIFA会員など合計30数名の参加となりました。

記念品の交換

会は市長の歓迎の挨拶、訪問団長の挨拶とそれぞれの記念品交換、訪問団全員とそれぞれホストファミリーの紹介など大いに盛り上がりました。途中飛び入りで一番若い高校生のチョルク君が自作の歌を披露してくれたり、締め括りには訪問団全員による合唱も披露されました。終宴後、それぞれホストファミリーの車に分乗して会場を後にして、初日は無事終了しました。

訪問団の皆さんによる合唱

歓迎会参加のみなさん

2日目はそれぞれのホストファミリーの皆さんとの親交を深めで一日を過ごして頂きました。

3日目は狭山市の秋恒例の「さやま大茶会」に友好都市からの親善大使として訪問団全員が揃って参加して頂きました。

さやま大茶会にも参加しました

 

この日は晴天にも恵まれ、狭山茶の魅力を存分に味わって頂きました。その後、SIFAとして独自に交流会を開催し、日本語教室に通っている外国人の人たちも参加してSIFA会員を交えて軽食を取りながら和やかな時間を過ごしました。

SIFAの会員と日本語教室の外国人も一緒に!

4日目(最終日)は早朝の所沢をリムジンバスで出発し成田に向かい、無事帰路につきました。

今回は本当に短い滞在でしたが、統營市と狭山市の大切な友好交流を担えたものと実感することができました。

統營市の訪問団のみなさんは、「狭山市はどんなところだろう?」、「日本の文化はどんなだろう?」と沢山の興味を持って来日し、そして短い時間でしたがそれぞれに納得されたようでした。今回は本当に心温まる日韓交流ができたように思います。

これからも長くこのような交流関係が続くことを願っています。

統營市交流部会 溝口記

 

 

米国ワージントン市訪問団 報告 2017年10月18日~10月25日

10月18日

コロンバス空港到着

14時間の長いフライトの後、ワージント市のフレンドリーフェイスが暖かいお出迎えをしてくれました。心も体も疲れが吹き飛びました。

無事コロンバス空港到着

 

10月19日

Evening Street Elementary School 見学

市内で唯一ソーラーパネルを使用している小学校であることを誇りとし、

その特色を活かし電力についての学習にも取り組んでいます。

“Let the Sunshine in”の合唱・学んだことを発表してくれました。

様々なクラス(算数・音楽・社会など)を見学させてもらい、児童に質問する機会もありました。

小学校 こいのぼり贈呈

小学生の歌

小学校のソーラーパネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

McConnell Art Center 美術館見学

地元アーティストの作品を展示あり、

その他、演劇・陶芸・バレエダンス・絵画・デジタルコンピューターなどクラスもあります。

劇場にて演劇・クラッシックからJAZZコンサートも行われるそうです。

アートセンター こいのぼり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Worthington Kilbourne High School

高校 アメフトキャプテン 贈呈

高校 こいのぼり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒会長・副会長そして2016年訪問団メアリーさんがスクールツアーをしてくれました、

高校から合唱団による歌のプレゼントとアメフトキャプテンからフットボールを頂きました。

 

 

 

 

 

 

Orange Johnson 歴史館見学

開拓当時の建築物として1811年に建てられました。

オレンジジョンソンは鼈甲から櫛を作って財を成したそうです。(キルボーンのまちづくりに資金提供をしたそうです。)

オレンジ こいのぼり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市役所にてホストファミリーと対面をしました。

ホストファミリーと対面式

初めて会う家族も以前より交流がある家族もそれぞれ対面の喜びで賑やかなスタートとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月20日

ワージントン市歓迎会 

W市市長・溝口団長の挨拶の後、W市から狭山市へは、絵画を頂きました。

作品は地元アーティスト、Carrie Lacey Boerioさんの”The Seasons”季節の移り変わりを表現されています。

狭山市からW市へは こいのぼりを贈呈しました。

こいのぼりを市役所前に飾った後、童謡”こいのぼり”を市長中心に全員で合唱し、

両市皆の心がひとつになった気がしました。

 

市役所玄関 集合写真

市長 あいさつ

W市役所 贈呈 Carrie Lacey Boerioさんの作品

こいのぼり合唱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいのぼり W市

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防署

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、消防署見学・コミュニティーセンター見学 (サピオ稲荷山のようなところ)

Dewey’s (ダウンタウンにあるピザ屋)ランチ・キャンドル作り・印刷&ノート作り体験・図書館ツアーをしました。

 

 

 

CoHatch

IGLOO

キャンドル作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館 こいのぼり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月21日(土)&22日(日)

各自ホストファミリーと過ごしました。

22日(日)ライアンさん宅にてSAKI PARTYがり綺麗な寿司や2-3種類の日本酒が振舞われました。

また近隣コミュニティーに在住で活躍される日本人の方々も参加され様々な情報交換をされました。

 

ライアンさん宅パーティ

ライアンさん宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月23日(月)

Phoenix中学校訪問

◎8th gradersで構成された吹奏楽クラスが、ハロウインにちなんだ曲を演奏してくれました。

また、7th gradersより日本の中学校について質問応答(制服はある?携帯は学校に持っていってもいいの?成績のシステムは?)とても興味を持って活発に質問してくれました。

こいのぼり贈呈後、2015年狭山に訪問されたBeth Cullianさんによるスクールツアーがありました。

 

 

中学校 こいのぼり

中学校 見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、コロンバスへ移動しオハイオ州立大学 アメフトスタジアム見学しました

Franklin park conservatory(植物園)では、

世界的に有名なガラス彫刻家デイル チフリーの作品展示室及び

植物園内に溶け込むガラス彫刻の見学をしました。

天井に施された作品は、光に反射して万華鏡のようでした。

ガラスアート工房の見学では、Mike Stepanskiさんが実演してくれました。

(彼の作品がお別れ会の際WIFAからSIFAへ贈呈されます)

 

植物園 見学

OSU アメフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オハイオ州議会庁舎見学後、いよいよWIFA主催お別れ会が始まりました。

地元の吹奏楽グループによるWELCOME SONGS、ライアンさん・溝口団長の挨拶とギフト贈呈がありました。SIFAより着物(振袖)を贈呈し、団員の佐藤さんに着付けされた振袖姿のAnne Brownさんが各テーブルを回りお披露目をしました。

WIFAよりガラスの置物(Franklin park conservatoryのガラス製作者Mikeさんの作品)を頂きました。

最後に、SIFA訪問団より感謝を込めて”SUKIYAKI”の歌プレゼント(ギター奏者 安藤さん)をしました。

gift from WIFA

SIFAからWIFAへ きものギフト

安藤さんのギター演奏で歌

歓迎音楽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

滞在期間中は10月には めずらく暖かい晴天に恵まれました。

いく先々でのこいのぼりの贈呈時には、子供から大人までこいのぼりの美しさに感嘆されていました。

1993年友好都市交流から始まり、24年間にわたる交流関係を築きあげてこられた両市・WIFA/SIFA会員皆さまの努力の礎のもと、今回の私たち訪問団も暖かく迎えていただいたこと一同心より感謝しております。

双方共にこの姉妹都市交流が末永く続くことを願うことを確認できた訪問となりました。

 

粕谷清美

 

山王小学校で国際理解教育支援授業を実施

青空の広がる10月10日(火)外国人4名スタッフ4名で山王小学校へ行き、

国際理解教育支援授業を行いました。

視聴覚室には5年生2クラス68名の児童達が、先生から事前に渡されたプリントを持って

集まりいよいよ授業の開始です。

そのプリントは「世界を知ろう」のタイトルに国別にメモするようになっていました。 もっと読む »

国際理解教育支援授業:狭山市立水富小学校で実施(9月19日)

 去る9月19日(火)、日本語学習部会スタッフと外国人学習者4名が参加して、狭山市立水富小学校の5年生2クラスを対象として「国際理解教育支援授業」を実施しました。

5年生2クラスの合同授業開始


外国人講師としてフィリピンの岡村理亜鈴さん、タイの荻原タナリンさんと斉藤プリアポーンさん、中国の 黒澤娣 さんが、それぞれの出身国の紹介をしてくれました。
「日本の小学校にあるもので、フィリピンの小学校にないものが、三つあります。何でしょう?」
という質問に始まり、生徒さんたちとやりとりしながら、分かり易く岡村さんはフィリピンのことを紹介してくれました。
もっと読む »

【今年も七夕まつりにテントを出展しました!】

恒例の入間川七夕まつりが8月5日(土)、6日(日)の2日間にわたり開催されました。

わたしたちSIFAも粕谷会長を中心にテント実行委員会を立ち上げ、テントを出展しました。

 

今年は、例年とひと味違ったテント作りを目指し、いろいろな趣向を凝らしました。

今年が初めての「ワンポイント英会話」、「外国人による自国の紹介」、「二胡の生演奏」、は好評でした。 もっと読む »

2017年入間川七夕まつり阿波踊り 取材記

8月6日(日)午後2時中央公民館第一ホールはSIFAのはっぴや浴衣を着た阿波踊り参加者の熱気にあふれていました。それもそのはず総勢80人が阿波踊り練習の真っ最中でした。

そのうち外国人参加者はブラジル2人、ベトナム11人、フィリピン3人、タイ5人、中国4人、ホンジュラス1人、アメリカ1人、エチオピア1人合計28人です。

ふれあい部会奥田さんのマイクによる熱の入った指導の下、国別に一列になりうちわの国旗を持って、フォーメーションを確認しながら何度も練習を繰り返していました。毎年お世話になっている兎乃月連の皆さんの心躍るお囃子とスカッとする阿波踊りも加わり徐々に仕上がり後は本番を待つばかりの様でした。 もっと読む »

平成29年度高校進学ガイダンスが開催されました。

「あなたに、一番あったいい高校生活が送れるように!」という願いのための「外国につながる子どもの高校進学ガイダンス」が、去る7月29日(土)13:30~16:00、所沢市立新所沢公民館で開かれた。(主催:2017年高校進学ガイダンス実行委員会)
狭山・所沢・入間・三芳町在住の中学生とその保護者13組22名(中国・フィリピン・ペルー等6か国)が参加し、8名の中学・高校の先生、多数のボランティア(通訳を含む)等計60余名が一堂に会した。 もっと読む »

ニュースレター7月号を掲載しました

ニュースレター7月号を掲載しました。

<http://sifa.information.jp/?page_id=51>

韓国料理を開きました

「韓国料理を作りながら 文化について学ぶ」というタイトルで

講師 土田丹智子先生をお迎えして7月16日(日)料理教室を開催しました。

今回は小学生2人、高校生、大学生 そしてベトナムからの研修生

(SIFA会員宅にホームスティ中)が加わり、

とても和やか かつ 元気あふれる調理の時間でした。 もっと読む »

ホームページのスマホ版ページを改善しました

ホームページのスマホ版ページを改善しました。
スマホで下記アドレスにアクセスすると表示されます。

sifa.information.jp

ご活用ください。

盛り上がった梅雨の合間のあじさい祭り

2017年6月18日(日)、新狭山駅近くの中原公園(通称:あじさい公園)で「第25回あじさい祭り並びに第28回国際交流の集い」が開催されました。

地元の「あじさいサポート隊」が日頃手入れをしているというだけに、色も形もさまざまな見事なあじさいです。それを愛でながらのお祭り――会場が狭く感じられるほどの人、人、人でした。 もっと読む »

Japanese class (from 2017.April to 2018.March)

日本語を勉強しませんか? Jump to English

いよいよ6月11日から改築した新狭山公民館で教室を開きます。(富士見集会所での日本語教室はなくなります。)
SIFAではボランティアによる日本語教室を開いています。
2017年度は火曜日に中央公民館(狭山市民交流センター内)、日曜日に新狭山公民館と広瀬公民館と、3ヶ所で開催します。
もっと読む »

第11回SIFA国際交流の集い

2017年3月5日(日曜日)11時から14時、今年も狭山台元気プラザで開催

メニュー表  クリックして大きな画面でご覧ください

3月初めとしては、とても暖かく、素晴らしい晴天に恵まれ、

この日まで準備に追われていたSIFAふれあい部会のメンバーは、まずはほっとしました。

今年も、日本(お餅)を含む12ヶ国からの参加者が、それぞれの国の自慢料理(写真のメニュー参照)を作って下さり、その他、前日からの準備を含め、会場準備、展示、料理のサポート、後片付けなどに大勢の方々がお手伝いくださり、特に当日は朝早くからお餅つきの臼の移動、椅子机の移動など心強いありがたいサポートをいただき予定時刻には、すっかり準備完了しました。 もっと読む »

「陳式小架太極拳と扇の演武」の会 開催報告

圧巻の陳先生の演武

2017年2月26日(日)陳開墟先生と生徒さんによる陳式小架太極拳と扇の演武を、狭山市中央公民館第1ホールにて開催しました。

杭州市交流部会の中国を知る会の一環として太極拳の演武会は初めての試みでした。

当日参加もOKだったため、何人集まるか心配しながらの開催でしたが、なんと!来場者61人という大盛況で一安心しました。

恵みの会の皆様

陳式小架太極拳を学んでいるセゾン会の皆さんの基礎の演武から始まり、

華やかな扇の演武を披露してくれた恵み会の皆さんは、

二人で舞ったり、二つの扇を使ったり、途中で衣装を早着替えしたりと楽しませてくれました。

もっと読む »

第20回 にほんご発表会 

2017年1月29日(日)狭山市立中央公民館で副題「にほんごで話す私の想い」が

開催されました。日本語教室に通う受講生にとって一年に一度の晴れ舞台です。

外国人発表者16名とスタッフ、観客の皆様計73名で第1ホールが一杯になりました。

満席の会場の様子

満席の会場の様子

粕谷会長のあいさつの後スピーチが始まり、

発表者の皆さんの熱い思いが会場を包みこみ、あっという間に予定時間となりました。 もっと読む »

日本語教室スタッフ研修会開かれる

1月21日、中央公民館で日本語学習部会のスタッフ研修会が開かれた(17名参加)。講師は日本語学習部会と関わりが長い松尾恭子氏(北部日本語学習支援連絡会副代表)である。

講師の松尾先生

講師の松尾先生

熱心に講義に耳を傾けるスタッフ

熱心に講義に耳を傾けるスタッフ

もっと読む »