SIFAイベント

2020 6月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 11今日の訪問者数:
  • 253月別訪問者数:
  • 59345総訪問者数:
言語
新着記事メール受信

下記を登録すると、通知をメール受信できます。

LINEページ

LINE登録

姉妹都市ワージントン市からの便り

狭山市の姉妹都市 アメリカ合衆国オハイオ州ワージントン市広報担当官 アン・H・ブラウン氏からのお便りをご紹介します。


Hello SIFA!

SIFAの皆様、お元気ですか。

I hope you are both doing well, staying home and are healthy. Same goes for your wonderful families. These sure are difficult times, but this pandemic shows us that we are one big family across the globe. We are able to do amazing things to come together and support each other in times of need. I hope the feeling of togetherness and support last long after this emergency is over.

多くの方々が自宅にて自粛中であるとは思いますが、お元気でしょうか。ご家族もご健勝であることをご祈念申し上げます。今は大変困難な時です。でも、今回のパンデミックは、私たちが地球上で一つの大きな家族の一員であるということを教えてくれた気がします。私たちは共に助け合い、励まし合うことができます。この非常時が去った後もこの公助の意識が人々の中で持続することを切に願っております。

I am writing to officially share an update from Worthington and WIFA about our plans for the remainder of the year.
Unfortunately, we have made the difficult decision to officially postpone the 2020 Worthington citizens delegation to Sayama and hope that it can move forward in 2021. I know this is disappointing news, but it was expected. Besides the global pandemic, health risks, and restrictions on travel, the financial crisis that our cities are facing means reductions and budget cuts that impact the entire organization, including WIFA and I expect Sayama and SIFA, as well.

私は、WIFA(Worthington International Friendship Association)とSIFAの今年度の事業について(WIFAとしての)公式見解をお話しします。
誠に残念なことに、大変心苦しい決定を致しました。
2020年度の狭山市へのワージントン市からの市民訪問団の派遣は正式に延期が決定されました。こちら側の希望としては、次年度2021年度へ先延ばしできればと考えております。これは非常に残念な決定でありますが、予期はしておりました。しかしながら、全世界的な感染拡大、健康への影響、そして国際渡航の制限、それによる経済危機はWIFAを含めた多くの団体へ多大なる影響を及びし、同様にSIFAの皆様にとっても多大なる影響が出ている事とお察し致します。

With SIFA and Sayama’s agreement, we will delay the Worthington to Sayama citizens delegation for this year and plan for it to take place in 2021. We will still need to evaluate the feasibility once the situation becomes more clear for 2021, but I’m hopeful we will be able to resume our delegation exchange at that time. Please share our thanks with SIFA, the City of Sayama, and especially all of our friends who have been so caring and supportive of our Worthington citizens. We miss you all terribly and are hoping that you are all getting along well, despite current challenges.

SIFA及び狭山市の同意を待って、今年度の狭山市へのWIFA市民訪問団は延期とし、来年度2021年度へと先送りにさせていただければ幸いです。私たち(WIFA)としては、来年度2021年度についても更に事業が可能かどうかを精査していかなければなりません。来年度は市民訪問事業が再開することを切に願っております。どうぞSIFAの皆様及びに狭山市の皆様、とりわけ、私たちワージントン市民を温かく見守ってくれている献身的な姿勢をお示ししてくださった大切な狭山市の友人達に対し深く感謝致します。皆様との再開を熱望すると共に皆様のご健勝を心より御祈念申し上げます。

While we are planning to postpone this in-person exchange, the WIFA Board is discussing some fun ideas for connecting with you all virtually. As Atsushi-san mentioned to me in an earlier message, it would be great for us to have a virtual party, celebration, connection between Worthington and Sayama friends. We could set up a virtual meeting time for us all to log in, catch up, and celebrate our friendships. We could share some fun memories commemorating our friendship, videos, photos (sharing a screen). We could see how we are all doing and what our lives have been like during this stay at home time.

今回の訪問団派遣延期に関する議題と共にWIFAの役員会にて何か(代替え案として)面白い企画はないだろうかという話合いを致しました。Atsushiさんとの前回のやり取りの中で、彼が言っていたのですが(この状況下において)何かできること、例えば遠隔から仮想空間において、狭山市―ワージントン市間でのパーティやイベントが出来ないだろうか?お互いがログインして互いの映像を介して情報交換会の様な企画をしてみてはどうでしょうか。その中で過去の写真を共有したり、映像を共有し、相互に励まし合い難局を一緒に乗り切っていくことを共有できれば、互いの現在(自宅待機中)を共有することでお互いの共感を高め合え、互いの元気の源になるのではなど、たくさんの意見が出されました。

Another idea is to share photos with each other of our “stay at home” situation, wearing our face coverings, sending messages of hope and strength.

他にも、互いの ”Stay At Home” (自宅待機)状況下でマスクをつけた写真を共有し、励まし合いの言葉を掛け合うというアイデアも出されました。

Also, we thought we might be able to have a virtual program for our WIFA & SIFA membership with a panel of speakers that can share during a more formal program. Maybe the Mayor/City Manager or Fire officials would join to compare and learn from each other about how we are managing the crisis. Also, schools, libraries… someone talking about senior citizens and how they are being assisted and cared for. How are young people managing with online school and learning needs? We could have Q&A and discussion.
We’d have to figure out the best time based on the time difference and also how translation might be handled. We could have someone on our end translating and you could have someone on your end? We can figure out the logistics, but I think the possibilities are endless! Even once we resume in person visits we can continue to meet virtually between visits to stay in touch and schedule joint programs for our members.

また、互いにインターネット経由でネットミーティングを開催し、WIFA-SIFA双方からパネラーを選出し公式パネルミーティングの開催という意見もありました。おそらく、両市長をはじめ、市役所から市民部長や消防署長などをゲストパネラーとして画面上に招待して互いの情報交換をしたらいかがでしょうか?互いにどの様にこの危機と向き合い、乗り切ろうとしているのかの情報を共有します。または学校や図書館等の対応についても意見が出ました。
年配の方々へのケアの仕方、学校の自宅待機中の児童生徒への対応、教育遅延への対応、ネットによる授業の実態などです。また、市民生活への影響などQ&A方式でお互いに情報を共有し議論し合うことで新たなアイデアが生まれるという企画案も出ました。
それらの企画を実行に移すのに最適な時間帯はいつが良いか? 両国間の時差への対応や進行をどうするか、お互いの通訳をどうするか、やり方や可能性は無限にあるかと思われます。ネット上で互いに音信を取り合うことで、企画について話合い、相互交流企画をすることで友情の絆は深まります。

The Worthington community has been staying strong and supporting each other during this crisis. While we have had some confirmed cases (39 as of May 1) and have sadly lost 6 Worthington citizens to the virus, people are generally remaining positive and taking steps to protect the health of themselves, their families and neighbors.

ワージントン市は今回の危機を通じてコミュニティー内の絆を強くし、お互い公助の精神を強く持ち続けています。5月1日現在で39件の感染者数を数え、悲しいことに6名の尊い命が感染により奪われてしまいました。市民は前向きに状況と向き合い、自分達の家族や近隣の隣人達を自らの力で守ための手順を守っています。

Businesses have been closed with the exception of essential services, such as grocery stores and pharmacies. The Ohio Governor has just announced a few steps to begin some reopenings, but it will be very slow and controlled to see if infections rise. Everyone is still ordered to keep distant and wear face coverings.

市内の商業施設は閉鎖されています。但し生活必需品共有のサービス、食料品店や薬局などは開いています。オハイオ州知事は商業施設を順次再開する為手順を公表しました。しかし、それはとても感染者数の推移を確認しながらのもので、再開までの道のりはかなり長くなります。市民は距離を保ちマスクの着用を義務付けられています。

Restaurants are closed,  but can provide carry-out or delivery service. Our Schools have been doing online learning since mid-March. Their school year ends in mid-May so they will finish out the year online. Everyone is sad that people graduating from high school and college (including my daughter) will not have an in-person graduation ceremony or experience many end-of high school and end-of college traditions.

市内のレストランも閉鎖されていますが、持ち帰り用や配達サービスは行われていいます。学校はオンラインにての学習が3月中旬より行われています。今学期は5月中旬に終了する為、生徒達はオンライ学習により学期末を迎えます。高校や大学の卒業生達(私の大学生の娘もそうですが)卒業式が中止となり、卒業式に出席することができず、卒業記念式典や謝恩会の様な伝統的な卒業式にちなんだ行事も皆中止され、関係各全員が悲しみに包まれています。

Many graduations and other programs are being held virtually and people are figuring out ways to connect in other ways. Summer festivals and other larger events are being cancelled. Right now, most events are cancelled through June and the City of Worthington is coordinating with other central Ohio cities on a joint announcement to cancel all fireworks and 4th of July celebrations in the region.

多くの卒業式やその他の行事はネット上で開催予定となっており、従来のやり方から今できるやり方へ代用する工夫をしながら臨機応変に対応しています。夏祭りやその他大きなイベントは全て中止されました。現在のところ、6月迄の殆ど全てのイベントが中止され、ワージントン市と近隣のオハイオ州中心地域の都市と合同で今年の米国独立記念日(4th of July)の式典及びに花火大会を中止する発表をする準備をしています。

City office buildings have been closed since mid-March, except for Police and Fire services, but most City services remain available with all full-time staff, including me, working from home. I have been able to adjust quite well because much of my communications work getting information out to the public is done electronically through our website, social media, and other electronic newsletters and methods.

市庁舎は三月中旬より閉鎖されています。しかし警察署及び消防署は通常業務としております。ほとんどの行政サービスは業務を継続していますが、私を含め職員は自宅勤務となっています。私の業務への支障はほとんどありません。私の業務内容のほとんどがソーシャルメディアや他の電子ニューズレターや電子媒体を駆使して、ネット上で処理できてしまうからです。

For emergency operations we are in an “Incident Command Structure” which is an organized response method for emergencies. It has been working really well to coordinate emergency response with City leaders. Right now we’re working on a phased plan to begin reopening some offices… although the social distancing, face coverings, sanitizing actions will remain. Here is a link to the City’s website section that I developed about the coronavirus, with daily updates about the situation, info on City service changes, event cancellations, and resources for helping others or getting help.
https://worthington.org/1937/Coronavirus-COVID-19

緊急事態の際の業務は、“緊急事態命令系統”の統轄下に入ります。
これは緊急事態下対処方法に則ったものであり、行政のリーダーの指揮系統です。現在、いくつかの事務所再開に向けての準備を開始したところですが、ソーシャルディスタンス(感染予防に妥当な距離)、マスク着用、手洗いなどの衛生行動はそのまま継続されていく予定です。 以下のリンクは市のホームページ上で私が担当している新型コロナウィルス関連のページです。行政サービスに関するページでイベントのキャンセル状況などの情報が毎日更新されます。

Here are a couple of articles that also have more information about how Worthington is doing. Hopefully they translate ok. The first is a special column submitted by City Manager Matt Greeson, the second is an article about the Incident Command emergency response.

https://www.thisweeknews.com/news/20200413/worthy-point-of-view-worthington-stands-strong-during-coronavirus-pandemic

https://www.thisweeknews.com/news/20200420/worthington-leaders-adapt-management-for-efficient-response

Masa, I’m interested to hear more about how the City of Sayama is handling the emergency. Are City offices closed and you are working from home?
We have had many businesses close and many people are unemployed now and struggling. We all hope that we can get “back to normal” soon but know that it will never back to the same and that we will see a new normal once the virus subsides and we have a vaccine to help protect us all. I hope that time comes soon.

たくさんの商業施設が閉鎖を余儀なくされ、たくさんの人々が職を失い、苦しんでいます。一日も早く「日常」を取り戻すことができる様祈っておりますが、かつての「日常」にはもう戻れないことを私たちは知っています。
ウィルスと向き合いワクチン開発により自分たちを守っていくという“新しい日常”を早く迎えられる様に祈っております。

Please share my well wishes to all of our SIFA friends, City officials and others who are working so hard to help your community during this crisis. Let’s work together to find ways to connect virtually and bring our citizens together.

SIFAの皆様と毎日市民の皆様のために粉骨砕身働いている市の職員の皆様のご健勝を心より御祈念申し上げます。一緒に互いの市民交流の実現を今出来る方法で実現できることを願うばかりです。

Take care and stay healthy!!
Your friend,
Anne

どうぞお元気でご活躍ください。そして、どうかお身体ご自愛ください。
貴方の友人、
アン   2020年4月

Anne H. Brown
Community Relations/Public Information Officer
City of Worthington

【お知らせ】事務局勤務日の変更について

平素より格別なるご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
狭山市国際交流協会では、当面の間、職員勤務日を下記の通り変更させていただきます。

【職員勤務日】 毎週水曜日 9:00 ~ 16:00

【問合わせ先】 電話番号 04-2952-4584
*繋がらない場合は、狭山市役所 04-2953-1111 内線2514 市民文化課 前澤まで

事務局不在の際の窓口対応につきましては、市役所職員が代行いたします。

なお、9:00 ~ 16:00以外のお時間のお問い合わせは、sifa2@nifty.com までご連絡をいただきますようお願いいたします。

皆様には大変お不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

狭山市国際交流協会

にほんごきょうしつ おやすみのおしらせ(さいしん)

<4月29日こうしん> *さいしん の おしらせ

にほんご きょうしつ の みなさんへ

にほんごきょうしつ は 6がつ30にち まで おやすみ です。
とてもざんねんですが、さやましない の こうみんかん が 6がつ30日まで おやすみ に なりました。
かようびきょうしつ、しんさやまきょうしつ、ひろせきょうしつ の ぜんぶ の きょうしつ が おやすみになります。
へんこう が あった とき は SIFAホームページ で おしらせ しますので SIFAホームページ を かくにん して ください。
コロナウィルスかんせん に ついて そうだん したい ひと は、
「がいこく人そうごうそうだんセンターさいたま」(TEL)048-833-3296 に でんわ して ください。
やさしいにほん語 や、英語、スペイン語、中国語、ポルトガル語、韓国語、タガログ語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ネパール語 で おはなし が できます。
はやく みなさん と あえますように。
にほんごきょうしつスタッフより

狭山市が、市内公共施設の休館期間について2020年6月30日(火曜日)まで延長することを決定しました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、SIFA日本語教室を開講している市内3つの公民館が臨時休館となっております。
それに伴い日本語教室も6月30日まで休講といたします。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。
最新の情報は、引き続きSIFAホームページでご確認ください。

一日も早くみなさまと笑顔で再会できますように。

日本語学習部会 部会長 奥田紘子

日本語能力試験を受験されるみなさまへ

日本語能力試験は2020年度より郵送での申込みができなくなりました。
受験はオンラインでの申し込みが必要です。ご注意ください。

詳しくは、日本語能力試験 JLPT のサイトでご確認ください。

https://www.jlpt.jp/

また、2020年度第1回日本語能力試験の申込みについては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を踏まえ、3月27日(金)からの申込受付開始が見合わせとなっております。
4月6日(月)を目途に再度の案内が予定されておりますので、JLPTのサイトで新たな情報をご確認ください。

日本語学習部会 奥田紘子

 

ニュースレター2020年3月号(248)を掲載しました!!

ニュースレター3月号を掲載しました。

最終稿HP

ニュースレター2020年1月号(247)を掲載しました!!

ニュースレター1月号を掲載しました。

最終稿HP

日本語教室は3月末までお休みします

にほんご教室のみなさんへ

にほんごきょうしつは しんさやま、ひろせ、かようび のクラスを

3月中おやすみさせていただきます。

 

しんさやまきょうしつ・ひろせきょうしつ

3月1日・8日・15日・22日

かようきょうしつ

3月3日・10日・17日・24日

 

新型コロナウィルス感染拡大防止の市の対応方針を考慮させていただき、

大変残念ですが3つの日本語教室は

この先3月末までクラス開講は中止とさせていただきます。

お理解の上、ご協力よろしくお願いいたします。

日本語学習部会 部会長 奥田紘子

 

2月23日(日曜日)「中国料理教室」を開催しました。

令和2年2月23日(日曜日)、新狭山公民館調理実習室において、「中国料理教室」を開催しました。
講師には昨年度に引き続き、日本語教室でもお馴染みの中国人、黒澤娣(くろさわてい)さんと趙穎
(ちょう えい)さんのお二人にお願いしました。

参加者は調理する人8名、料理を試食する人4名、講師のお子さんが3名、合計17名となりました。

今日の献立は①ニラ焼き餃子、②ジンジャンロウス(京醤肉繊)、③トマト卵炒め(番茄炒蛋)、④ごま団子
(沕圓)の4品です。

定刻午前10時から調理開始。3台の調理台に分かれ、初めに①ニラ焼き餃子の皮づくりから始めました。
飛び入り参加の小学生3人も色々お手伝いをしながら、調理は順調に?進み、最後のゴマ団子を茹で終わり、
ほぼ予定通り12時半頃に全ての料理4種類が完成しました。

出来上がった料理を別室に運び、全員での試食会が始まりました。
それぞれ好きな料理を食べながら、”美味しいね!”と嬉しそうに食べているのがとても印象的でした。
沢山あった料理もあっという間に残り少なくなり、最後の「ごま団子」も綺麗に食べ終わり試食会は
無事終わりました。

黒澤さんが「テン・ミー・ミー」を歌唱指導

その後講師の黒澤さんがテレサ・テンのヒット曲「甜密密(テンミーミー)」を中国語の歌詞で歌い、
中国の民族楽器(縦笛)の伴奏で全員が中国語で合唱して、料理教室は盛会のうちに無事終了しました。

本場中国の家庭料理と黒澤さんの歌のサービスで「中国料理教室」は大満足でした。

杭州市交流部会 草野喜実勝 記

 

第23回「にほんご発表会」

緊張、発表終えて晴れ晴れとした表情に.

第23回「にほんご発表会」は とても中身の濃いものでした

 

2020年2月2日(日)13:30~16:00 中央公民館 第1ホールで、2019年度「にほんご発表会~にほんごで話すわたしの想い~」が開かれました。新型コロナウイルスによる肺炎が日本にも広がり始め、店頭から消えている消毒スプレーやマスクなどが受付には、しっかり用意されていました。発表会が、オリンピック・パラリンピック公認プログラムの1つとあって、TOKYO2020のバッジやファイルも配られました。

 

今年は狭山市国際交流協会の日本語教室で 日本語を学ぶ狭山在住の20名の外国人が発表しました。発表者の仕事の関係者・家族・友人,SIFA関係者等々、総勢80余名が一堂に会し、熱心に耳を傾けました。

 

日本語学習部会 奥田紘子部会長が「発表会は1年間の集大成、最大の行事です。人前で日本語で話すのが初めてという人が多い、温かく応援を」と開会の挨拶。ついで

SIFA粕谷会長

小谷野狭山市長

 

SIFA 粕谷充史会長から「日頃に勉強の成果を」「思う存分楽しんで」、狭山市 小谷野剛市長からは「(他国の)日本語で発表するのだから皆さんはすばらしい」「練習通りいかなくても、伝えたいことを思い切って発表を」と力強く温かい激励の挨拶があって、いよいよ発表が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

発表会

司会は新狭山教室の遠藤十九子さん・ミャンマー出身のジン ミン テツさんです。

皆さんのスピーチはこちらをクリックして下さい

 

今福教育センター指導主事

発表が終わって、次は狭山市教育委員会 教育センター 今福雅之指導主事からの講評です。自身も漫画で英語を勉強したとか、今も間違えて山手線をぐるぐる回ることがあるとか笑いを入れながら、1人1人に温かい一言がありました。「文化の違いを おもしろいと捉えてくれた。違いを楽しみたいですね」「『空に輝く満月にそっくり』―趣のある言葉がよかった。日本語を勉強する時、映像が浮かぶようなきれいな日本語も」とも。「頑張っているのが伝わってくるので、ここに来るのが楽しみ」と話してくれました。

 

 

スピーチした皆さん

 

交流会

粕谷会長からの賞状・記念品授与、記念写真撮影の後は交流会です。司会は広瀬教室の嶋崎泰介さんです。テーブルに用意された飲み物と菓子を手にしながら、先ほどの緊張から一転、なごやかな顔、顔、顔。話が弾んでいます。そのうち「授業そっちのけで練習しました」と嶋崎さんが紹介して始まったのが、広瀬教室のメンバーによるダンスです。オリンピックの応援歌『パプリカ』―小さい子どもたちにもよく知られている歌と踊りです。何人か飛び入りで参加し、最後はそれぞれの人差し指を合わせ、決まりました!―見事、練習の成果がよく出ていました!(勿論、授業はちゃんと行いました)いっそう盛り上がり、発表会は無事終了です。

 

発表者に聞きました

・とても緊張した

・初めて日本語で発表した。もっと日本語を勉強したい

・皆、じっと私の顔を見て、聞いてくれた

・ここにきて発表するのが楽しい

・発表の機会をつくってもらって嬉しい

・最後だと思って一生懸命練習した

・市長や先生からよかったと言われ、とても嬉しかった

・出るのも楽しいけど、他の色々な外国人の話を聞くのが楽しみ

参会者に聞きました

・時間がない中でできるか心配だったけど、何とかやれた(家族)

・いろいろな国のこと、新しいことが聞けておもしろい

・すばらしい発表

・ずいぶん練習をしたんだろうなあ

3教室の代表に聞きました

・大丈夫かなと思っていても、いざ発表となると一生懸命やってくれる、それが嬉しい

・いろいろな国の人に発表してもらおうと考えた

・思った以上に気軽に出てくれた

・本人の言葉・表現を大事にした

広報部会 齋藤あや子記

2019年度(第23回)にほんご発表会を開催します

*** TOKYO2020 オリンピック公認プログラム ***

狭山市国際交流協会の日本語教室で日本語を学んでいる外国人のみなさんが「にほんごで話す私の想い」を日本語で発表します。
日頃の学習の成果をぜひご覧ください。

日時 : 2020年2月2日(日曜日)13時30分 ~ 16時 (受付開始13時~)
*終了しました

場所 : 狭山市立中央公民館 第1ホール(狭山市市民交流センター3階)

*入場無料

日本語火曜教室からのお知らせ

日本語火曜日教室 (中央公民館)

2020年2月25日  教室・保育ともお休み(会場が確保出来ないため)

すみませんが、よろしくお願いします。

その他の日は予定通りです。

 

あけましておめでとうございます

年末年始休業日のお知らせ

年末年始休業期間は下記の通りです。

 

令和元年12月25日(水)~令和2年1月5日(日)

 

新年は令和2年1月6日(月)9時からです。

 

ご了承の程、宜しくお願いいたします。

エジプト伝統旋回舞踊タンヌーラ

エジプト伝統旋回舞踊タンヌーラダンサー サイード・アブデルハディ氏による
SIFA国際交流の集いでのパフォーマンスの一部をぜひご覧ください。

SIFA国際交流の集いを開催しました

2019年12月1日、日曜日。天気、晴れ。
この日、普段は落ち着いた雰囲気が流れる新狭山公民館が熱気に包まれました。狭山市国際交流協会が主催する中で最も大きいイベント「SIFA国際交流の集い」が行われました。スタッフは何ヶ月も前から料理や出し物などについて話し合いを重ね、前日まで準備に追われていました。

 

「皆様、おはようございます」粕谷会長の挨拶に続き、総料理責任者の土田さんの料理や餅つきの説明で、来場者の期待感が高まっていくのがわかります。「よいしょー!」の掛け声で年齢・性別・国籍に関係なく、力いっぱい餅をついていきます。餅つきは外の駐車場で行われましたが寒さを感じない程の熱気で、つき終わった後に餅を頬張る来場者の顔は自然と笑顔になっていました。

12時になり各国の料理を堪能する時間が来ました。今回はエジプト・トルコ・タイ・ネパール・中国・台湾の料理が振る舞われました。「トルコのサバ・サンドは最高だね!」「このエジプト料理はなんて言うの?」「タピオカ・ミルクティーって不思議な食感」と様々な感想と共に、みなさん楽しんで料理に舌鼓を打っていました。


食後、「これから何が始まるの?」と、来場者は少し戸惑っている表情にも見えました。するとエジプトの伝統民族舞踊タンヌーラの演舞が始まりました。スカートのような衣装を纏った踊り手がくるくると回って裾を広げて踊るスタイルに「あんなに回転して大丈夫なの?」ほとんどの方がそう思ったことでしょう。それでも回り続けるサイードさんに会場は拍手喝采。白熱のパフォーマンスでした。

あっという間の3時間、「来年も成功させよう!」とスタッフ一同が心に誓いました。

ふれあい部会 嶋﨑泰介 記

日本語教室「スタッフ研修会」を実施しました

11月30日(日)令和元年度2度目となる日本語学習部会「スタッフ研修会」を富士見集会所第二集会室で25名の参加者を集めて実施しました。
参加者25名の内訳は、新狭山教室9名、広瀬教室7名、火曜日教室9名で、その内初めて研修会に参加したのは、今年新しくSIFA日本語教室にスタッフとして入会された6名の皆さんでした。

参加者25名の内、6名が初参加でした

お馴染みのAJALT松尾恭子先生

講師にお招きしたのは、SIFA設立当時から日本語教室スタッフの研修をお願いしてきた「公益社団法人国際日本語普及協会(AJALT)」の松尾恭子先生です。

今回の研修会は前回(6月22日)の研修会の続編から始まりました。

格助詞ってわかりますか?

続いて日本語を全く知らない外国人と初対面で会話を始める場合の日本語は、 自分の名前、そして 相手の名前 だけを発音すること。次は、イラストの絵を見せて その名前 を言うこと、そして相手にも 名前 を言ってもらうこと。
その際に「名前」「これは」「です、ます」は使わないこと。そして徐々にその数を増やしていくこと。
名詞の次は「動詞」、それも他動詞、自動詞の違いまで、最後に「形容詞」へと進むことなど、具体的な例を挙げながら話していただきました。

外国人との会話で注意すべきことは、会話の主語は殆ど自分自身、相手が了解していることは省略することが多い、など。これだと相手に通じないことが多い。

会話の「こつ」は、先ず相手を安心させること、其れには「笑顔」が大切。出来るだけシンプルに、同じ会話を繰り返す。必要なら単語をひらがなで書いて見せる、こと。

最後に、「自動詞」「他動詞」は英語(英文法)からの区別であり、日本語にはその区別が当てはまらない言い方がある、ということを具体例を示しながら説明して下さいました。

日本語の「他動詞」は「使役動詞」に近く、「自動詞」では“自分が”と“自然の”動きを表す言葉が多いということも理解できました。

余談ですが、2002年に初めての研修会で出会った、SIFAの遠藤十九子さん、千葉哲男さん、佐久間久江さんとの再会に松尾先生は感激ひとしおのご様子でした。

日本語学習部会 草野喜実勝 記

最後に全員で記念写真を撮りました(ハイ、チーズ!古い?)

 

 

“ お久しぶり・またね!”~ ワージントン市訪問団Farewell Party ~

 11月10日は朝から快晴、狭山稲荷山公園では例年どおり優雅に「狭山大茶会」が催されました。今年は大茶会が初めて開催されてから30回記念とのことで、韓国・統營市、中国・杭州市、米国・ワージントン市からお客様を迎え、賑々しく行われました。特に今回初めて披露された中国のお茶振る舞いは珍しく、日本の格式ある茶道との違いには驚かされました。

その夜、6時からは米国ワージントン市市長公式訪問団とのFarewell Party がニックスにおいて持たれました。今回のワージントン市代表団は、市長Scott Holmes さんを始め、妻kim さん、市議会議員Rachael Dorothy さんと夫Paul さん、ワージントン国際協会(WIFA)会長のRyan Hooverさん、広報広聴課長のAnne Brownさんと夫 Williamさんの7名 でした。我々、狭山市国際交流協会(SIFA)の会員は40人ほどの出席でした。RyanさんやAnneご夫妻とは何回もお会いしているので、お久しぶりという思い、また新しい市長ご夫妻や市議会議員ご夫妻とお会いできたのは嬉しいことでした。 パーティは形どおり、粕谷会長の開始の挨拶に始まり、来賓紹介、小谷野市長、ホームズ・ワージントン市長、フーバーWIFA会長の挨拶、WIFA会長によるメンバー紹介、両市のギフト交換を経て、漸く乾杯の後、食事歓談となりました。歓談の間に余興として、狭山市からは人文字で「OHIO」、ワージントン市からも人文字で「SAYAMA」と書き、お互いのエールとしました。

 

パーティの最後は、狭山市入間川七夕まつりでの狭山市国際交流協会(SIFA連)の阿波踊りのビデオを見た後、実際に阿波踊り「兎乃月連」による演舞が披露され、多いに盛り上がりました。しかし、それだけでなく会場にいたすべての人が「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らなそんそん」とばかりに踊りだし「ヤットサー、ヤットヤット」の掛け声で全員が輪になって踊り、楽しい心の通うひと時となりました。

 

 

最後は粕谷会長による閉会の挨拶があり、楽しい思いでパーティを終えました。
これからもワージントン市やWIFAとの交流は続いていくでしょう。この交流が両市だけでなく、アメリカと日本の友好に寄与する事を祈りながら、再会を期してお別れをいたしました。

広報部会 高橋ブラクソン久美子 記

国際理解教育支援 広瀬小学校

2019年11月21日(木)広瀬小学校 「3年総合のびのび国際交流」に

日本語教室から4か国の外国人講師と4人のスタッフで行ってきました。

視聴覚室に3年生90人が行儀よく体育座りで集合しました。

 

中国の黒澤娣さんが、赤とピンクの刺繍を施した華やかな漢民族の衣装で、

布を中国の音楽に合わせてクルクル回し登場。子供たちの歓声が響きました。

中国の形は鶏をしている事、人口は14億人、4000年の歴史がある等

又挨拶の言葉などを習いました。

中国語と日本語の意味の違い等をクイズ形式で出題、例えば飯店の意味は?

ハイハイと手が上がり盛り上がりました。

①レストラン②ホテル③喫茶店 ①のレストランが一番人気でしたが、正解はホテルでした。

2番手はネパールのリジャル・ロムナトさん。

国旗は山が二つ重なった形で、上の三角には月、下の三角には太陽が描かれている。

実際のお金ルビーを見せ、主な食べ物は豆のカレーだそうです。

横長の太鼓を首からかけて叩き、叩き方できれいな大きな音がしました。

休憩時間10分では中国の二胡などの楽器やネパールの太鼓を鳴らしたり、

帽子をかぶったり子供たちは楽しそうに実際に試していました。

休憩後はエチオピアの伊藤イヌエさん、素敵な民族衣装が何から作られているか質問しました。

何と蜘蛛の巣から作ったドレスでした。みんなびっくりしていました。

コーヒーの語源はエチオピアだそうで、コーヒーセレモニーを実践しました。

最後にコーヒー豆を希望の生徒たちに食べてもらいました。

「苦かった」との感想を聞きました。

 

最後はフィリッピンの岡村理亜鈴さん、日本から4時間半で行けるフィリッピンは島国で、どのぐらい島があると思いますかと質問。色々な声が上がりましたが、

7,000以上だそうで、皆びっくりしていました。

学校は給食がなくお小遣いを持って行き自分で買うそうです。

又3月から5月まで夏休みで6月が新学期、学校は英語で勉強している等日本との違いを学びました。

それぞれの講師には授業で習ったその国のことばで、「ありがとうございました」と元気に挨拶してくれました。

最後に各クラスの代表から感謝の言葉がありました。

中国のダンスやコーヒセレモニーや蜘蛛の巣のドレスなど印象に残ったことを、

発表してくれました。      広報部会 小池律子記

ニュースレター2019年11月号(246)を掲載しました!!

ニュースレター11月号を掲載しました。

最終稿HP

統營国際交流協会訪問団が来市しました

成田空港にて。ようこそ、日本へ!

11月7日(木)~10日(日)、韓国・統營市の国際交流協会より親善訪問団が来日、団長のキム・ムングン氏を含む9名が狭山市近郊のホストファミリーの家庭でホームステイ体験をしました。

7日の歓迎会にはSIFA会員を含む29名が参加、会食を楽しみながら日韓交流の時間を持ちました。今回の訪問団長であるキム氏は統營国際交流協会の会長でもあります。私たちの歓迎に「統營国際交流協会訪問団が初めて狭山市へ来たのが1999年のこと、今年は20年目になります。近年の日韓情勢だからこそこれまで繋げてきた狭山市とのつながりを大切にしていきたい。民間の交流はとても大切です。政府にはできない厚い友情で結ばれた民間外交の力です。私たちは、このホームステイを通じて隣国・日本から隣人としての心遣いを学ぶことができます。人としての親密なふれあいだと信じています。」と熱く語ってくださいました。

統營国際交流協会キム・ムングン氏(右)SIFA副会長 滝口健志(左)

歓迎会にて

 

歓迎会の後、団員のみなさんは各ホストファミリーのご家庭へ。3泊4日の滞在中は、狭山市長表敬訪問や川越観光(蔵造の街並み、時の鐘、川越まつり会館、菓子屋横丁などの観光スポット巡り)、各ホストファミリーと過ごす一日、さやま大茶会での茶席体験など…たくさんの日本文化に触れて帰国の途に就きました。

小江戸・川越の観光スポット巡り

さやま大茶会

今回は来市の日程が決まったのが来日直前ということもあり、ニュースレターや広報さやまでのホストファミリー募集が間に合わず、統營市交流部会員を中心にゲストをお迎えしてのホームステイ体験になりました。日本国内で多くの日韓交流行事が中止となる中、統營市のみなさんと心温まるふれあいができたのは、これまで私たちが築き上げてきた厚い信頼関係の証であると思います。統營市と狭山市の明るい友好関係がこれからも続いていきますように。

統營交流部会 溝口啓子 記