SIFAイベント

2018 8月

1
2
3
4
  • 七夕まつり 国際交流イベント
5
  • 七夕まつり阿波踊り
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
  • 統營市 親善訪問団 参加者募集
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 3今日の訪問者数:
  • 598月別訪問者数:
  • 36045総訪問者数:
言語

投稿者の投稿一覧

2018 SIFA連 阿波踊り

8月5日(日曜日)、今年も入間川七夕まつりでSIFA連が阿波踊りを披露しました!

午後2時、中央公民館第一ホールには中国、ベトナム、フィリピン、ブラジル、タイからの外国人参加者を始め、SIFAスタッフやボランティア参加の日本人など総勢70名が続々と集まってきました。SIFAの青いはっぴや浴衣をまとった仲間たちと、一年で一度限りのSIFA連の結成です。今年も日高市から兎乃月連の皆さまが私たちSIFA連のバックアップに駆けつけてくれました。ふれあい部会の奥田さんの指導のもと、みんなで練習開始、各国ごとに列になって、国旗のついたうちわを持って何度も練習です。初めて阿波踊りに挑戦する人も毎年このSIFA連で踊ることを楽しみにしている人もみんな笑顔でいっぱいです、初めて阿波踊りに挑戦した外国人は、右手と右足を同時に前に出す阿波踊り独特の動きにちょっと苦戦している人も。兎乃月連の鳴り物が刻む軽快なリズムにみんな自然と体が動き出すように楽しんでいます。

 

本番会場はこの夏の猛暑に人の熱気も加わってとても熱い空気。八幡様下の第一会場、イオン前の第二会場、そしてフィナーレの8連合同の総踊りと…たくさんの観衆の中で、私たちSIFA連はみんな笑顔で練習の成果をしっかりと見せてくれました。今年のSIFA連の見せ場は、昨年この場に参加したことにより本格的に阿波踊りを始めた子供たちの演舞。日本の文化を学びたい、外国人たちと交流を持ちたい、楽しい時間を共有したいという気持ちをもった仲間たちが集まって作り上げたSIFA連は、それぞれの気持ちが表れたような、すがすがしい笑顔で堂々とした素晴らしい阿波踊りを見せてくれました。

SIFAの提灯高張やのぼりをもって堂々と満面の笑みで踊り歩くベトナム男性、このまま浴衣をずっと着ていたい!このはっぴと足袋を持って帰りたい!とうれしそうに話すタイの人たち、ブラジルの人たち。中国からの親子もとても楽しかったと名残惜しそうでした。参加者のみなさん、お疲れさまでした!ぜひ来年も一緒に踊りましょう!

広報部会 吉沼実理

8月4・5日 入間川七夕まつり開かれる ーSIFAテントで国際交流を体験

「今日は気温が高くなる予報となっています。屋外での活動はなるべく避け…」という市役所の放送が当日も入りました。そんな例年にない程の酷暑の中、七夕祭りが開かれました。今年のSIFAのテントは4日だけです。

英語に親しもう

マットさん

SIFAテント前の短冊

アンドリューさん

 

 

 

 

 

 

 

 

1時と6時からの、2回の「英語に親しもう!」(英語で短冊に願いを書こう!)(ワ―ジントン市にメッセージを書こう)に、狭山市の女子サッカーチーム『ちふれエレフェン埼玉』の選手を初めとして、中学生から大人まで、英語でそれぞれの願いや思いを書いてくれました。『USAに行きたい!』という短冊もありました。どのように表現するかわからないところ等は、アンドリューさん(豪)、マットさん(米)が丁寧に教えてくれました。ワージントン市からのメッセージにあった『Have a good summer!』は七夕祭りにピッタリでした。

 

 

 

 

 

タイの踊り

タナリンさん

日本語教室で学んでいるタイ出身の荻原タナリンさん、ポーティ・アヌラックさん、柴崎さんは、盛夏に映える鮮やかな色の民族衣装を身に着けて会場に。祭りの時に踊るという踊りを披露した後、木を使ったタイの昔の遊びを実演、紹介してくれました。「丸い木をあごに挟み、片足を上げて、離れたところに置いた四角い木の近くまでケンケンで行って、丸い木を四角い木にぶつけて倒す」―どこかなつかしい感じがします。

 

 

 

 

 

今年初めてというのもありました。西埼玉多文化舞踊団に所属するリタさん(フィンランド)の「バティック染め」、チニゼさん(ナイジェリア)の「民族衣装で母国の文化紹介」、あじさい祭りで初登場したフィリピン舞踊です。

 

「バティック染め」

リタさん

リタさんは、インドネシアのジャワ島のジョクジャカルタで4年程本場のバティック染めを学び、テーブルクロス・スカーフ・Tシャツなど多くの作品を作ってきたそうです。日本の、筆を使ろうけつ染めと異なり、金属の道具(チャンティン)を使って下絵にろうを引く様を見せてくれました。白く残したいあるいは染めないところにろうを引き、染色し、その後木綿の布地なら熱湯でろうを溶かし、又ろうを引く、いくつもの過程を経て完成。桜をモチーフにしたのれんを初めとするすばらしい作品に、テントの外にいた人にも声をかけ、見てもらいました。また冬が長いフィンランドでは、とても沢山の野の花で家を飾り、夏の白夜を祝い楽しむそうです。

 

「民族衣装で母国の文化紹介」ナイジェリア

チニゼさん

入間市の小学校に勤務しているチニゼさんは「ナイジェリアの子も日本の子も変わらない」「ナイジェリアは暑いけど蒸さない。雨季・乾季の他、ハルマッタンという時季があり、雪は降らないが、風が強く霧が発生し、危ない」自身は170㎝、夫が180cmという身長はごく普通で、「日本の家屋は狭くてびっくりした」「銃がない、安全な日本が大好き」食べ物は「うどんが好き」(納豆とたくあんが苦手とか)『2時に会いましょう』と約束したら、2時厳守の日本に対し「ナイジェリアは3時」だそうです。「平均寿命が53歳」には皆、びっくりでした。

 

 

フィリピン舞踊

フィリピン舞踊のみなさん

あじさい祭りに次いで、今回もフィリピンの人たちが、金色の自作の衣装を身に楽しい踊りを披露してくれました。「ウナウナパヤパヤ…」と軽やかなリズムに、周りで手拍子をしながら見物している人も楽しげです。イスラムの人がよく踊るとか。以前、もっとゆっくりだったその踊りは、今は速くエキサイティングになっているそうです。

 

踊りを中心に、テントを訪ねてくれた人は100人近くになりました。

テントの設営、展示物・冷たい飲み物等諸々の準備、受付、片づけなど担当のスタッフの皆様、暑い中、本当にお疲れ様でした。

(広報部会 齋藤あや子)

2018年 外国につながる子供の 高校進学ガイダンス開催

夏休み最初の週末の7/21日(土)所沢市こどもと福祉の未来館で開催されました。

猛暑の中、参加した人たちで冷房完備の会場は熱気に包まれていました。

相談者20組35人、教師・通訳・先輩25人、スタッフ11人、見学者9人 合計81人の

参加者の意気込みや想いが熱気になっているようでした。

会場内は英語・タガログ語、中国語、スペイン語・ポルトガル語、やさしい日本語の4つのブースに分かれ、

それぞれにスタッフと通訳ボランティアが付いていました。

13:30に先輩たちの話からガイダンスが始まりました。

充実した高校と短大生活を上手な日本語で紹介したのは、緑陽高校卒業の中国から来た笑顔が素敵な女性でした。

進学を目指す中学生には、とても良い刺激になったようです。

その後,教育委員会と高校教師から具体的な高校進学についての話がありました。

参加者は来日日数により、また親の意識などで理解度も異なるようでした。

渡された印刷物にはルビを振った高校進学までの過程が順序良く書かれ、家に帰ってからゆっくりと読んでも、わかるように配慮されていました。

休憩の後、各ブースに高校の先生が順番に回り、生徒たちの質問に答えていました。

印象に残ったのは日本では95パーセントが高校進学し、もしこれからも日本で暮らすならば高校を卒業しないと就職などで希望の職種に就くのが難しい事、高校では日本語で授業が進めら れるので、日本語の勉強が大事な事などです。

最後の相談者の感想では、「いろいろ迷っていたので、今日来てとても良かった」「イタリア人のハーフです。いろいろな人の話が聞けてよかった」「楽しかった。ありがとう」などでした。

帰る姿は皆さん少し自信にあふれていた様に見えました。

 

 

 

【 参加人数】

相談者   21組 36名     協力者(先 生、 通訳など)25名

主催者   11名     見学      9名                                                         計81名

【 相談者内訳 (組)】

【 学年別】 3年 :14     2年:4      1年 :3

【 国別】  中国:11  フィ リ ピン :7   パキス タン、 ド ミ ニカ、 イタリ ア :各 1

【 地域別】  所沢:12 狭山:5 入間:2 熊谷 :2

 広報部会 小池律子 記

 

平成30年度狭山市国際交流協会総会 開催

22日(土)中央公民館第1ホールにて、

小谷野剛市長・新良守克市議会議長・大塚拓衆議院議員・本木茂県会議員

中川浩県会議などの来賓をお迎えし定期総会が開催されました。 もっと読む »

「やさしい日本語」ワークショップ開かれる

講師の新居先生

熱心に講義に耳を傾ける日本語教室の講師の皆さん

 

2月24日(土)新狭山公民館で、日本語学習部会の研修会が行われました。 もっと読む »

講演会 「アメリカのオハイオ(OHIO)について知ろう」を終えて

2月18日(日)に中央公民館で「アメリカのオハイオ(OHIO)について知ろう」という英語でのセミナーがアメリカ人のOdellご夫妻をお招きして開催されました。会場に集まった52名のうち15名がSIFA会員、37名が非会員の方でしたが、非会員の方が70%を超えるセミナーは、ワージントン市交流部会が主催するセミナーでは初めてでした。用意した椅子が間に合わず、急遽、椅子を増やさなければならない状況になり、開始前から会場は熱気に包まれました。 もっと読む »

第21回 にほんご発表会が開かれる ~にほんごで話すわたしの想い~

2018年2月4日(日)13:30から中央公民館第1ホールで、市内3つの教室で学ぶ外国人による日本語発表会と交流会が開かれました。 もっと読む »

新年のご挨拶

会員各位
新年あけましておめでとうございます。 もっと読む »

SIFA国際交流の集い 開催

お天気が応援してくれたかのような小春日和の12月10日(日)国際交流の集いが開かれました。 もっと読む »

米国ワージントン市訪問団 報告 2017年10月18日~10月25日

10月18日

コロンバス空港到着

14時間の長いフライトの後、ワージント市のフレンドリーフェイスが暖かいお出迎えをしてくれました。心も体も疲れが吹き飛びました。

無事コロンバス空港到着

 

10月19日

Evening Street Elementary School 見学

市内で唯一ソーラーパネルを使用している小学校であることを誇りとし、

その特色を活かし電力についての学習にも取り組んでいます。

“Let the Sunshine in”の合唱・学んだことを発表してくれました。

様々なクラス(算数・音楽・社会など)を見学させてもらい、児童に質問する機会もありました。 もっと読む »

山王小学校で国際理解教育支援授業を実施

青空の広がる10月10日(火)外国人4名スタッフ4名で山王小学校へ行き、

国際理解教育支援授業を行いました。

視聴覚室には5年生2クラス68名の児童達が、先生から事前に渡されたプリントを持って

集まりいよいよ授業の開始です。

そのプリントは「世界を知ろう」のタイトルに国別にメモするようになっていました。 もっと読む »

【今年も七夕まつりにテントを出展しました!】

恒例の入間川七夕まつりが8月5日(土)、6日(日)の2日間にわたり開催されました。

わたしたちSIFAも粕谷会長を中心にテント実行委員会を立ち上げ、テントを出展しました。

 

今年は、例年とひと味違ったテント作りを目指し、いろいろな趣向を凝らしました。

今年が初めての「ワンポイント英会話」、「外国人による自国の紹介」、「二胡の生演奏」、は好評でした。 もっと読む »

2017年入間川七夕まつり阿波踊り 取材記

8月6日(日)午後2時中央公民館第一ホールはSIFAのはっぴや浴衣を着た阿波踊り参加者の熱気にあふれていました。それもそのはず総勢80人が阿波踊り練習の真っ最中でした。

そのうち外国人参加者はブラジル2人、ベトナム11人、フィリピン3人、タイ5人、中国4人、ホンジュラス1人、アメリカ1人、エチオピア1人合計28人です。

ふれあい部会奥田さんのマイクによる熱の入った指導の下、国別に一列になりうちわの国旗を持って、フォーメーションを確認しながら何度も練習を繰り返していました。毎年お世話になっている兎乃月連の皆さんの心躍るお囃子とスカッとする阿波踊りも加わり徐々に仕上がり後は本番を待つばかりの様でした。 もっと読む »

盛り上がった梅雨の合間のあじさい祭り

2017年6月18日(日)、新狭山駅近くの中原公園(通称:あじさい公園)で「第25回あじさい祭り並びに第28回国際交流の集い」が開催されました。

地元の「あじさいサポート隊」が日頃手入れをしているというだけに、色も形もさまざまな見事なあじさいです。それを愛でながらのお祭り――会場が狭く感じられるほどの人、人、人でした。 もっと読む »

第11回SIFA国際交流の集い

2017年3月5日(日曜日)11時から14時、今年も狭山台元気プラザで開催

メニュー表  クリックして大きな画面でご覧ください

3月初めとしては、とても暖かく、素晴らしい晴天に恵まれ、

この日まで準備に追われていたSIFAふれあい部会のメンバーは、まずはほっとしました。

今年も、日本(お餅)を含む12ヶ国からの参加者が、それぞれの国の自慢料理(写真のメニュー参照)を作って下さり、その他、前日からの準備を含め、会場準備、展示、料理のサポート、後片付けなどに大勢の方々がお手伝いくださり、特に当日は朝早くからお餅つきの臼の移動、椅子机の移動など心強いありがたいサポートをいただき予定時刻には、すっかり準備完了しました。 もっと読む »

「陳式小架太極拳と扇の演武」の会 開催報告

圧巻の陳先生の演武

2017年2月26日(日)陳開墟先生と生徒さんによる陳式小架太極拳と扇の演武を、狭山市中央公民館第1ホールにて開催しました。

杭州市交流部会の中国を知る会の一環として太極拳の演武会は初めての試みでした。

当日参加もOKだったため、何人集まるか心配しながらの開催でしたが、なんと!来場者61人という大盛況で一安心しました。

恵みの会の皆様

陳式小架太極拳を学んでいるセゾン会の皆さんの基礎の演武から始まり、

華やかな扇の演武を披露してくれた恵み会の皆さんは、

二人で舞ったり、二つの扇を使ったり、途中で衣装を早着替えしたりと楽しませてくれました。

もっと読む »

第20回 にほんご発表会 

2017年1月29日(日)狭山市立中央公民館で副題「にほんごで話す私の想い」が

開催されました。日本語教室に通う受講生にとって一年に一度の晴れ舞台です。

外国人発表者16名とスタッフ、観客の皆様計73名で第1ホールが一杯になりました。

満席の会場の様子

満席の会場の様子

粕谷会長のあいさつの後スピーチが始まり、

発表者の皆さんの熱い思いが会場を包みこみ、あっという間に予定時間となりました。 もっと読む »

日本語教室スタッフ研修会開かれる

1月21日、中央公民館で日本語学習部会のスタッフ研修会が開かれた(17名参加)。講師は日本語学習部会と関わりが長い松尾恭子氏(北部日本語学習支援連絡会副代表)である。

講師の松尾先生

講師の松尾先生

熱心に講義に耳を傾けるスタッフ

熱心に講義に耳を傾けるスタッフ

もっと読む »

平成29年 (2017年) 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。旧年中は狭山市国際交流協会へのご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
今年も各都市交流事業 • 日本語学習事業 • そして、会員及び外国の方々との交流を主とした、ふれあい事業を3つの柱として各種事業を進めてまいります。皆さまの変わらぬご理解、ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
酉年ということもあり、狭山市の国際文化交流及びに異文化共生活動の一翼を担い、皆さまと共に活動の輪がさらに広がる飛躍の年となることをこころより御祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて戴きます。
狭山市国際交流協会
会長 粕谷充史

韓国料理教室を開催しました

去る12月15日に「韓国の新年祝膳」の料理教室が堀兼の農村環境改善センターで行われました。
堀兼公民館との共催で20名の参加がありました。(SIFA 11名 公民館 9名)
粕谷会長のあいさつに続いて講師の土田丹智子氏から指導をいただきました。
今回は トック、クジョルバン、センカルビ、フェ の4種類を作りました。
どのお料理もとても美味しく、和やかな雰囲気の中で、公民館から参加の方々とも交流を深めながら行うことができました。
講師の土田先生ありがとうございました。

統營市交流部会 島田 信子

IMG_2035 (800x533) IMG_2037 (800x533)

 

 

 

 

 

IMG_2031 (800x533)

出来上がった美味しそうな料理

出来上がった美味しそうな料理