SIFAイベント

2018 11月

1
2
3
4
  • 韓国文化を学ぶ講演会
5
6
7
8
9
10
11
  • 日本語教室(新狭山)
12
13
  • 日本語教室(狭山市駅前)
14
15
16
17
18
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
19
20
  • 日本語教室(狭山市駅前)
21
22
23
24
25
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
26
27
  • 日本語教室(狭山市駅前)
28
29
30
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 0今日の訪問者数:
  • 978月別訪問者数:
  • 39777総訪問者数:
言語

“英語で学ぼう! ハロウィンの楽しみ方”が開催されました

10月18日(日)”英語で学ぼう!ハロウィンの楽しみ方”がワージントン市交流部会によって開催されました。

アメリカ人2人、オーストラリア1人のお話しを聞きました。 リアさん、デヴィッドさん、そしてアンドリューさんです。

ハロウインの歴史(リアさん): 2000年前、アイルランドのケルト民族が悪霊を追い払うため、仮装して焚火したのが始まりだそうです。その後中世になると、貧しい人がお金持ちから食べ物を恵んでいただいていたことが、子供たちが仮装してお菓子を貰う現在の習慣に変化してきたそうです。

アメリカのハロウィン(デヴィッドさん):アメリカではハロウィンの季節にかぼちゃを彫って提灯を作るのは”スティンジージャック”の伝説から生まれたそうです。 また、干し草の束をトラックの荷台にすいて、皆で遠乗りに出かける習慣などがあるそうです。

オーストラリアのハロウィン(アンドリューさん): アンドリューさんの年代以上の人々には、ハロウィンを祝う習慣はなかったそうです。 なぜなら、オーストラリアが始まった頃、移住してきたのはほとんどが英国人でした。 英国ではその頃、ヴィクトリア女王が「ハロウィンは贅沢だ。」としたので、ハロウィンはオーストラリアには定着しなかったそうです。その上、10月31日はオーストラリアでは春なので、収穫に関するお祭りのハロウィンは場違いだったせいもあるとのことです。

最後に参加者皆でトリックオアトリーティングを楽しみました。P1030950

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

P1030944

P1030946

コメントは受け付けていません