SIFAイベント

2018 11月

1
2
3
4
  • 韓国文化を学ぶ講演会
5
6
7
8
9
10
11
  • 日本語教室(新狭山)
12
13
  • 日本語教室(狭山市駅前)
14
15
16
17
18
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
19
20
  • 日本語教室(狭山市駅前)
21
22
23
24
25
  • 日本語教室(新狭山)
  • 日本語教室(広瀬)
26
27
  • 日本語教室(狭山市駅前)
28
29
30
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 20今日の訪問者数:
  • 978月別訪問者数:
  • 39777総訪問者数:
言語

会長挨拶

新会長

 

 

 

会員の皆様、今年度任期改正に、狭山市国際交流協会、会長としてご推薦いただき、先日の総会にて皆様のご承認を受け、同職を拝命いたしました粕谷充史(かすや あつし)と申します。私の任期中は異文化共生、そして愛する故郷、狭山市と国際姉妹友好都市とのさらなる友情の輪を広げ、深め合えることを念頭に会員の皆様が活き活きと活動していただけるような環境創りに徹する所存です。私は、2001年より本協会にお世話になり今年でちょうど15年目になります。それでは今日に至るまでの自己紹介を簡潔にさせていただきます。

 

【20代~在米時代~】

20歳で単身初渡米しました。 ウィスコンシン州立大学ミルウォーキー校にて 専攻ビジネス・マーケティングBBAを取得し同校卒業後、全米各地での就職活動を経て、 縁あって同大学の先輩の紹介で、 国際輸送貨物の業界に身を投じることになり、米国日本通運・シカゴ海運支店に就職し、輸入課に勤務しておりました。同課にてグローバルロジスティックス(国際貨物輸送)の仕事で実務経験を積ませていただいた後、 約10年間の北米中西部での生活に終止符を打ち、2000年(平成12年)12月5日に帰国、故郷さやまに帰郷いたしました。

 

【30代~帰国】

帰国後2001年(平成13年)11月4日にシカゴ支店勤務時代に同僚であった妻と結婚し、 直後、2002年~2008年の7年間、地元のJC、青年会議所に入会、同会の活動を通じて地域愛を再醸成するための研鑽を積みました。そんな最中、2006年、日本青年会議所(日本JC)への出向(出向先:JCI関係委員会)をきっかけに真の国際人を志すようになりました。当時、多数の国の青年実業家、起業家の方々との交流を通じて 真の国際人とは、『ノブレス・オブリージュ』を常に心がけ、自己を磨き続ける者と学び、今日微力ながら常に地域への奉仕のための修練を心がけております。

 

【40代~今を生きる~】

家業である自動車関連の会社の経営者として、また妻1人、愛娘1人、愛犬1匹(黒柴の太郎)という一家の家長として、常に自分らしく今を生きることを信条としている花の46歳です。同協会の会長として至らぬ点も多々あるとは存じますが、皆様のご指導、ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

以上。

コメントは受け付けていません