SIFAイベント

2020 5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 22今日の訪問者数:
  • 989月別訪問者数:
  • 58963総訪問者数:
言語
新着記事メール受信

下記を登録すると、通知をメール受信できます。

LINEページ

LINE登録

中国を知る会「漢方で健康な体作り講座」が開催されました

  

11月3日(日)文化の日、産業労働センターで「漢方で健康な体作り講座」が開催されました。講座は23名の来場者を迎えて定刻10時に始まりました。
講師の三矢京子(ケイコ)先生は日本では数少ない中国漢方の専門家(中医師と言います)で、市内狭山台で長年に亘り「薬眞堂薬局」を経営していらっしゃいます。
先生は冒頭で「漢方には、古来5~6世紀に日本に伝来し、江戸時代に研究が進んだ日本漢方と、現在も中医で処方される方剤(ほうざい)の二種類があり、先生は「方剤」を扱っていらっしゃるのだということでした。そして国際中医A級専門員という国家資格も取得されています。
中医学では健康と病気の違いを「陰と陽のバランス」と考えること、健康は「正気(せいき)の充実」、病気(疾病)は「正気の虚弱」と捉えるそうです。西洋医学では、病気を体の一部分の不具合として、その部分を治療するだけですが、中医学では身体全体の「血の流れ」「水液の流れ」「腎(先天の精=命の源)の状態」などによって身体の悪いところを探し出し、その状態を治す効果のある薬(方剤)を処方するとのこと。歳を取るに従って、以上の3つの流れと機能が衰えることで身体のあちこちに不具合が生じるのだということです。
次に、“風邪(ふうじゃ)は万病の素”(中医学による風邪の予防と治し方)~風邪はひきはじめが肝心。~予防には「正気」を高めておくことが必要であるそうです。

<風邪の3つのタイプと処方する方剤(薬)について>

①風寒型…寒い風邪:寒気、鼻水、節々の痛み⇒麻黄湯、葛根湯、桂枝湯

②風熱型…暑い風邪:のどの痛み、口が乾く、熱っぽい、発熱 ⇒銀ウ散、天津感冒片

③風湿型…下痢や吐き気のある風邪:身体がだるい、重い ⇒勝湿顆粒

*風邪の予防には、「マスク・うがい・手洗 い+板藍根」がよい

以上、大変詳しく中医学上の「健康と病気」の関係、歳を取ることの意味、そしてこれから冬に向けて「風邪」についての説明や対策を教えて頂き、アッという間の90分でした。
三矢京子先生、どうもありがとうございました。

杭州市交流部会 草野喜実勝 記

中国 東北地方の家庭料理を楽しむ

中国の東北地方(大連)の家庭料理を作る料理教室が、2月23日(土)新狭山公民館の調理実習室で開催されました。
講師は、遼寧省大連出身の黒沢 娣(くろさわ てい)さん、伊 琴蘭(い ちんらん)さん のお2人でした。

中国大陸は広く、地方によって、食べ物に大きな違いがあり、大連の料理は一般的な中国料理とは一味違ったものでした。
参加者は、会員11名、非会員5名 子供たちも3名ほど参加してくれました。
最初の料理は、小麦粉に塩、湯、水、油を混ぜ、30分寝かせ、クレープ風の春餅(しゅんぴん)を作り、2種類の具材を中に巻いて食べる料理です。具材の一つは、木須肉(むしーろー)―豚肉・きくらげ・人参・胡瓜・卵を、ニンニク・ネギと炒め合わせたものでした。もう一つは、肉炒土豆(ろーちゃおとぅどーすー)―豚肉に下味をつけ、千切りのジャガイモと炒め合わせたものでした。
もう一品は夢ト粉玆湯(るぉぼすーふぇんすーたん)-大根と春雨とあさりのスープでした。シンプルな具材ですが、変わり春巻きにピッタリでした。好吃!美味しい!

 

 

 

「陳式小架太極拳演武と二胡演奏会」開催(30.11.25)

去る11月25日(日)、杭州市J交流部会主催により「陳式小架太極拳演武と二胡演奏会」を開催しました。

会場の新狭山公民館ホールには9時30分の受付開始から演武開始の10時までに約30名の熱心な来場者が詰めかけました。 もっと読む »

「中国を知る会」~二胡の生演奏と太極拳演武の会~を開催しました。

杭州市交流部会の「中国を知る会」のイベントの一つとして、「二胡の生演奏と小架式太極拳の演武の会」を、2月25日(日曜日)10時30分から中央公民館、第1ホールで開催しました。 もっと読む »

「陳式小架太極拳と扇の演武」の会 開催報告

圧巻の陳先生の演武

2017年2月26日(日)陳開墟先生と生徒さんによる陳式小架太極拳と扇の演武を、狭山市中央公民館第1ホールにて開催しました。

杭州市交流部会の中国を知る会の一環として太極拳の演武会は初めての試みでした。

当日参加もOKだったため、何人集まるか心配しながらの開催でしたが、なんと!来場者61人という大盛況で一安心しました。

恵みの会の皆様

陳式小架太極拳を学んでいるセゾン会の皆さんの基礎の演武から始まり、

華やかな扇の演武を披露してくれた恵み会の皆さんは、

二人で舞ったり、二つの扇を使ったり、途中で衣装を早着替えしたりと楽しませてくれました。

もっと読む »

中国杭州市主催第11回「天眼杯」参加作品展示会開催

受付デスク

受付デスク

10月31日(月曜日)、中央公民館第1ホールにおいて、狭山市の友好交流都市、中国杭州市主催の「天眼杯」に狭山市から参加した市内小中学生の作品展覧会を開催しました。 もっと読む »

2016年度入間川七夕祭り SIFAテント にぎわいました。

テント準備中

テント準備中

8月6日(土)7日(日)の二日間SIFAテントを開設しました。

昨年と場所が変更になり、図書館前の広場になりました。 もっと読む »

中国を知る会「二胡演奏会」

開催日時:平成28年7月12日(火) 13:30~15:00

演 奏 者:高 一明さん、陳 開墟さん ご夫妻

場  所:元気プラザコミュニティカフェ

参 加 者:37名

主  催:狭山市国際交流協会杭州市交流部会

もっと読む »

第3回「中国を知る会」で中国をもっと知りました

DSCN0057
<報告>
2016年1月23日日曜日、中央公民館第5学習室で第3回「中国を知る会」が開催されました。集まった参加者は18人で、これに対し3人の西武文理大学の留学生、鄭广曄(テイ コウカ)さん、兪裕木(イ ユウキ)さん、高孟停(コウ モウテイ)さんがマイクを取って、故郷の様子や狭山で学ぶ今に至った事を流暢な日本語で話してくださいました。
もっと読む »

第10回「天眼カップ」参加作品展示会アンケート報告

ご来場いただいた皆様のアンケートを集計いたしました。

たくさんのご回答をありがとうございました。
下記よりご覧下さい。
↓↓↓クリック↓↓↓(PDF:72KB)
第10回2015年天眼杯作品展 アンケート集計結果

第10回「天眼カップ」参加作品展示会盛況のうちに終わりました

今年4月に中国杭州市で開催された第10回天眼カップに、狭山市から参加した作品の展示会は、来場者約200名を迎え盛況のうちに終わりました。
1日限りの開催でしたが、時折雨がぱらつく中、ご来場の皆様には感謝いたします。
また、来年の奮ってのご参加をお待ちしております。

00 会場

狭山市からの応募作品の入選作品集を作成しました。下記よりご覧下さい。
↓↓↓クリック↓↓↓(PDF:4MB)
第10回「天眼カップ」作品集表紙

もっと読む »

2015年 天眼カップ 報告

もっと読む »

モリンホール(馬頭琴)ミニコンサート・感動と興奮の90分!

もっと読む »

第2回「中国を知る会」”中国をもっと知ろう!”開催(1月18日)

もっと読む »

第8回「天眼杯」参加作品展示会成功裏に終了しました

もっと読む »

二胡の調べを楽しむ会

杭州市交流部会「中国を知る会」の今年度イベントとして、去る8月27日(火曜日)、

狭山元気プラザ内コミュニティカフェにおいて、二胡同好会「二胡秋ざくら」の

演奏会”二胡の調べを楽しむ会」を開催しました。

SIFA会員を中心に約40名の参加で、大盛況のうちに無事終了しました。

第一部中国古典局の二胡演奏、約30分のコーヒーブレークをはさんで、二胡の伴奏

で日本の代表的な童謡を数曲参加者全員で唄い、大いに盛り上がりました。

唯一中国人参加者、石割さんの感動を誘う素晴らしい挨拶をもって約二時間の

演奏会は大盛況のうちに終了しました。二胡秋ざくらのメンバーのみなさん、

どうもありがとうございました。

第8回天眼杯入賞のお知らせ

3月に参加した第8回天眼杯に大勢の皆さんが入賞しました。

作品を発表します。

第8回(だい8かい

)

金賞 内藤功汰

金賞 内藤功汰

金賞 池隅丈裕

金賞 池隅丈裕

“二胡の調べを楽しむ会”大盛況!

もっと読む »