SIFAイベント

2020 1月

1
2
3
4
5
6
7
  • 日本語教室(狭山市駅前)
8
9
10
11
12
13
14
  • 日本語教室(狭山市駅前)
15
16
17
18
19
20
21
  • 日本語教室(狭山市駅前)
22
23
24
25
26
27
28
  • 日本語教室(狭山市駅前)
29
30
31
記事: カテゴリー別
記事: 投稿月別
アクセス数
  • 1今日の訪問者数:
  • 729月別訪問者数:
  • 53550総訪問者数:
言語
新着記事メール受信

下記を登録すると、通知をメール受信できます。

LINEページ

LINE登録

“ お久しぶり・またね!”~ ワージントン市訪問団Farewell Party ~

 11月10日は朝から快晴、狭山稲荷山公園では例年どおり優雅に「狭山大茶会」が催されました。今年は大茶会が初めて開催されてから30回記念とのことで、韓国・統營市、中国・杭州市、米国・ワージントン市からお客様を迎え、賑々しく行われました。特に今回初めて披露された中国のお茶振る舞いは珍しく、日本の格式ある茶道との違いには驚かされました。

その夜、6時からは米国ワージントン市市長公式訪問団とのFarewell Party がニックスにおいて持たれました。今回のワージントン市代表団は、市長Scott Holmes さんを始め、妻kim さん、市議会議員Rachael Dorothy さんと夫Paul さん、ワージントン国際協会(WIFA)会長のRyan Hooverさん、広報広聴課長のAnne Brownさんと夫 Williamさんの7名 でした。我々、狭山市国際交流協会(SIFA)の会員は40人ほどの出席でした。RyanさんやAnneご夫妻とは何回もお会いしているので、お久しぶりという思い、また新しい市長ご夫妻や市議会議員ご夫妻とお会いできたのは嬉しいことでした。 パーティは形どおり、粕谷会長の開始の挨拶に始まり、来賓紹介、小谷野市長、ホームズ・ワージントン市長、フーバーWIFA会長の挨拶、WIFA会長によるメンバー紹介、両市のギフト交換を経て、漸く乾杯の後、食事歓談となりました。歓談の間に余興として、狭山市からは人文字で「OHIO」、ワージントン市からも人文字で「SAYAMA」と書き、お互いのエールとしました。

 

パーティの最後は、狭山市入間川七夕まつりでの狭山市国際交流協会(SIFA連)の阿波踊りのビデオを見た後、実際に阿波踊り「兎乃月連」による演舞が披露され、多いに盛り上がりました。しかし、それだけでなく会場にいたすべての人が「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らなそんそん」とばかりに踊りだし「ヤットサー、ヤットヤット」の掛け声で全員が輪になって踊り、楽しい心の通うひと時となりました。

 

 

最後は粕谷会長による閉会の挨拶があり、楽しい思いでパーティを終えました。
これからもワージントン市やWIFAとの交流は続いていくでしょう。この交流が両市だけでなく、アメリカと日本の友好に寄与する事を祈りながら、再会を期してお別れをいたしました。

広報部会 高橋ブラクソン久美子 記

東京2020オリンピックに向けたおもてなし英語セミナーを開催しました

2019年9月29日(日)2020年東京オリンピックに向けたおもてなし英語セミナーが開催されました。SIFA会員による事前の懸命な宣伝活動の甲斐もあり、セミナー開始時刻には狭山市中央公民館第1ホールに60名余りが集まり満員御礼となりました。


セミナーの講師は、地元のALTとして活躍されているオーストラリア出身のアンドリュー・モーラコック先生とアイルランド出身フランキー・ラファティ先生です。

セミナーは2人の先生のアイデアで、参加者をグループ分けしてディスカッションをしながら進行していくというユニークな形式を取って行いました。最初に参加者は世界8ヶ国の国旗のカードを引きます。そして引いたカードと同じ国旗のあるテーブルに着席していく方法で8つのグループに分かれました。ひとつのグループは7、8名ほどが配置され、グループごとに自己紹介を行います。2人の先生は各グループを回り、戸惑っている参加者を後押ししたり励ましたりしながら次のセッションへ。先生方の完璧な事前準備もあって、最初は少し戸惑い気味だった参加者たちもだんだん積極的に発言してくれるようになりました。

 

セミナーの第一部(part 1)は、「A quiz on Sayama」です。先生から”How many stations are there in Sayama?”  “Is ORIPI male or female?” “What was the original name of Iruma Air Base” など、ユーモア溢れる英語でのクイズが出題され、それらの答えを各グループで話し合って解答用紙に書き、グループの代表が発表していきます。正解は、先生がプロジェクターを使っておもしろおかしく教えてくれました。日本人である私たちが、外国人である先生方から郷土狭山について教えられたようで、私たちは住み慣れた地元については意外と知らないことが多いものなのだなと改めて感じました。

第二部(part2)は「Envelop Game」。これは各テーブルにたくさんのしおりの入った封筒が配られ、グループでひとりずつしおりを引いて、そのしおりに記されている「Topics」についてグループディスカッションをするというものでした。先生2人とスタッフ数人が各グループを回りアドバイスをしながら進行し、最後は先生2人からお手本回答や英語の適格な表現法などについてもわかりやすく解説してもらいました。

第三部(Part3)はロールプレイ、先生方と各テーブルの代表者が与えられたお題で会話するというものでした。これまでの2つのセッションですっかり打ち解けた各グループでは、代表者になろうと積極的に手が上がり、皆の前で堂々と、時折笑いも交えての即興の会話(寸劇!)が繰り広げられました。

今回のセミナーは、先生おふたりのユーモアセンスとファシリテートで会場を魅了し、笑いと学びの詰まったあっという間の三時間でした。今回はSIFA初の試みとして参加者の皆様から受講料をいただいて開催させていただきました。参加された皆様にはお土産として英文での「狭山市駅周辺ガイド」手作り小冊子を差し上げ、有意義かつ実践的なセミナーになりました。

ワージントン市交流部会 部会長 粕谷充史(会長兼務)記

「英語で学ぶ国際理解」 ~第2回英語セミナーを終えて~

2月17日(日)に狭山市産業労働センターで、第2回英語セミナー「英語で学ぶ国際理解」がイギリス人のThomas A. Russell先生をお招きして開催されました。会場に集まった73名のうち18名がSIFA会員(25%)、55名が非会員の方(75%)でした。今回は会場がやや狭いことを考慮し、英語学習サークルへの宣伝をほとんどせず、50名前後の参加者を予想していたのですが、予想を大幅に上回る多くの方にご参集いただきました。

講師のRussell先生は現在24歳。一昨年の8月に初来日し、県立狭山経済高校でALT(外国語指導助手)教員をなさっています。第一部の最初にRussell先生の自己紹介とご自身のイギリスでの生活、そしてイギリスの社会と文化についてお話になりました。

次に「日英の文化の違い」というテーマでお話になり、蕎麦を食べるとき、「ズルズル」と音を立てて食べるのに慣れるのに苦労をしたお話や労働時間(残業)に対する考えに違いについてお話になりました。また、極力目立たず、独創的な考えをあまり出さない日本人の「集団志向」と、幼少期から個性を発揮し、自己をPRするように教育されてきたイギリス人の「個人志向」について、示唆に富んだお話をしていただきました。

その後のQ&Aでは、イギリスのEU離脱問題(Brixit)など、多岐にわたる英語での質問が次々と出され、活発で楽しい質疑応答が繰り広げられました。

休憩後の後半の第二部では、最初に狭山市や埼玉県を訪れる外国人に対し、狭山や埼玉県で、訪問客に是非訪れていただきたい場所についてお話になりました。狭山市関連では茶畑にお連れすることや、四季折々のイベントへの参加、入間川の散策、そして昔ながらの居酒屋にお連れすること、などの興味深いお話がありました。

 

最後に、先生の故郷のイギリス南部海岸のBournemouthを旅行者に紹介する文例を参考に、狭山を含めた参加者自身の故郷を外国人旅行者に紹介する文を参加者に作文していただきました。参加者の故郷をRussell先生に紹介する方を募って発表していただき、それぞれの発表に対しての先生との英語会話が閉会時間のギリギリまで次々と繰り広げられました。

先生の明るく真摯なお人柄に惹きつけられて、楽しくも多くのことを学ぶことの出来たセミナーとなりました。

ワージントン市交流部会部会長 安富成良記

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてのセミナー 「英語で学ぶ国際理解」

9月30日(日)に狭山市中央公民館第1ホールで、セミナー「英語で学ぶ国際理解」がカナダ人のWilliam Salter氏とアイルランド人のFrancis Lafferty氏をお招きして開催されました。会場に集まった78名のうち11名がSIFA会員(14%)、67名が非会員の方(86%)でした。大型台風が狭山を直撃する予報の中、集客が危惧されましたがこれまでのセミナーではもっと多くの参加者が参集し、開始前から会場は熱気に包まれました。 もっと読む »

講演会 「アメリカのオハイオ(OHIO)について知ろう」を終えて

2月18日(日)に中央公民館で「アメリカのオハイオ(OHIO)について知ろう」という英語でのセミナーがアメリカ人のOdellご夫妻をお招きして開催されました。会場に集まった52名のうち15名がSIFA会員、37名が非会員の方でしたが、非会員の方が70%を超えるセミナーは、ワージントン市交流部会が主催するセミナーでは初めてでした。用意した椅子が間に合わず、急遽、椅子を増やさなければならない状況になり、開始前から会場は熱気に包まれました。 もっと読む »

米国ワージントン市訪問団 報告 2017年10月18日~10月25日

10月18日

コロンバス空港到着

14時間の長いフライトの後、ワージント市のフレンドリーフェイスが暖かいお出迎えをしてくれました。心も体も疲れが吹き飛びました。

無事コロンバス空港到着

 

10月19日

Evening Street Elementary School 見学

市内で唯一ソーラーパネルを使用している小学校であることを誇りとし、

その特色を活かし電力についての学習にも取り組んでいます。

“Let the Sunshine in”の合唱・学んだことを発表してくれました。

様々なクラス(算数・音楽・社会など)を見学させてもらい、児童に質問する機会もありました。 もっと読む »

The Audience’s comments 2016年11/26「変化するイギリス」感想(英語)

The Audience’s comments  参加者の感想(英語) 2016年 11/26日開催

「変化するイギリス」“How is Britain changing?” ( The 26th of November, 2016)

The Seminar:  “Let’s learn about the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland”

Speaker: Mr. Simon Clay, Professor of Kaetsu University

Commentator: Mr. Alexander Ogilvie もっと読む »

「サイモン・クレイ氏講演会」参加者の感想

2016年11月26日 狭山市民会館にて狭山市国際交流協会ワージントン市交流部会主催

英語と日本語による

嘉悦大学教授「サイモン・クレイ氏講演会」が開催されました。 もっと読む »

サイモン・クレイ先生講演会 「変化するイギリス」“How is Britain changing?”

(“Let’s learn about the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland”)

Presented by the Worthington Chapter of SIFA

Speaker: Mr. Simon Clay, Professor of Kaetsu University)

Commentator:Mr. Alexander Ogilvie

サイモン・クレイ先生講演会 「変化するイギリス」:

2016年度SIFA公開講座が平成28年11月26日(土曜日)狭山市民会館第4会議室にて開催されました。 講演者はサイモン・クレイ先生です。 また、コメンテーターとしてアレックス・オギルビー先生にお越しいただきました。 もっと読む »

2016年ワージントン訪問団帰国へ

あさくまでの送別会、そして、川越から成田へ高速バスに乗り、お別れとなりました。

また、お会いしましょう!

14632893_1314360865249499_6336153860239359341_n-2

14720492_1314909638527955_1163587253861502054_n

2016ワージントン訪問団東京見学

浅草見学! 雷門p1060255から散策始めます。
14729351_1237826656274001_7499305262656620312_n14657459_1237826622940671_3195252030220531245_n

 

 

 

p1060254

2016年ワージントン訪問団狭山清陵高校訪問

cimg0224cimg0222cimg0214cimg0209

お習字初体験、教室訪問、記念品の交換をしました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年ワージントン訪問団手作りうどんに挑戦

10月14日、ワージントン訪問団の皆さんは狭山市内の民家にて、手作りうどんを体験しました。

そのうどんをゆでて、天ぷらと一緒に全員でおいしい昼食をいただきました。

p1060103p1060107p1060110p1060134

ワージントン訪問団の3日間

img_6300p1060017img_6337img_6315

成田到着時のワージントン訪問団、天岑寺での写真撮影風景、 狭山茶のテイスティング、市長表敬訪問などの様子です。

 

ワージントン訪問団が滞在中,天岑寺と高校訪問

昨日から姉妹都市ワージントンからの代表7名が来市しています。 第一日目の今日は天岑寺での座禅を体験しました。

その後、市内の高校を訪問し、高校生たちと交流しました。 皆さん、現在、日本文化体験を非常に楽しんでおられます。

p1060033p1060025p1060024p1060034

2016年度入間川七夕祭り SIFAテント にぎわいました。

テント準備中

テント準備中

8月6日(土)7日(日)の二日間SIFAテントを開設しました。

昨年と場所が変更になり、図書館前の広場になりました。 もっと読む »

英語で学ぼう! ハロウインの歴史: ゲストのスピーチと参加者の感想 (The three speeches about Halloween)

HHHHHHHHHH

HHHHHH

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


HHHHHHH

2015年度  ワージントン市交流部会公開講座 10月18日(日)場所: 中央公民館

狭山市国際交流協会 ワージントン市交流部会が下記講座を開催しました。The seminar held by Worthington Chapter of SIFA on October 18th 2015 (Sunday). 

The  participants’ comments  are posted after the three speeches.

“英語で学ぼう! ハロウインの歴史 とハロウィンの楽しみ方”ゲスト3名のスピーチと参加者の感想を掲載しました。(Today, Halloween is a modern holiday about costumes ~~)

↓をクリックしてご覧ください。↓Click here 
もっと読む »

『アメリカワージントン市訪問団報告書』です。ご覧ください。

ワージントン市訪問団報告書

ワージントン市訪問団報告書

2015年9月24日~9月30日まで姉妹都市ワージントン市を訪問しました。

そして参加者8名全員の報告書が出来ましたので、

どうぞご覧ください。

 

←クリックして下さい

“英語で学ぼう! ハロウィンの楽しみ方”が開催されました

もっと読む »

2015狭山市国際交流協会米国W市訪問団 報告

報告書 団長 粕谷 充史   平成27年9月29日 もっと読む »